ご理解とご協力に感謝します

ブックトレードカフェに対するご理解とご協力に感謝します。
Book Trade Box

テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

デンス卿について

先日、ウルティマオンライン大和EMサイトにおいて、4月22日(土)22:00~「デンス卿の冒険日誌 その3」とのイベント日程がアナウンスされました。
前2話は、何れも2013年に実施されたものです。
・第1話: サン・ジョルディの日の朗読会へのご招待
・第2話: デンス卿の冒険日誌 その2 ~異聞 赤ずきん~

かなり期間が空いた事もあり、この記事では、前2話に参加していない方のための、おさらい的な事柄を

まず、デンス卿についてですが、汎シャード的には、UOML(邦題: 宝珠の守人)から導入されたクエスト「最後の言葉」に関係する人物です。
チェインクエストではありませんが、「最後の言葉」を請け負うためには、まずNujel'm 北東の端にある、観光洞窟「光晶洞」に入場するためのクエスト「摩訶不思議自然界」を受けなければなりません。
デンス卿クエスト1

すると、洞窟入口にいるチケット売りから、初めて「デンス卿」の名前を聞くことになり、PCに先んじて光晶洞に入った有名人だということを知ることができます。
デンス卿クエスト2

光晶洞に降りると、入り口付近は観光洞窟らしく整備されており、案内看板が幾つもありますが、その中の一つは、デンス卿が行方知れずになっていると伝えます。
デンス卿クエスト3

立ち入り禁止の看板を無視し、観光用区域から危険区域へ進んでいくと、大きな部屋の中に設けられた祭壇に、バラバラ死体があり、それがLord Graye Denthe、つまりデンス卿のものであることが分かります。
デンス卿クエスト4

その大きな部屋の中には更に「デンス卿の冒険日誌」が落ちています。
デンス卿クエスト5

ボス戦会場に入り、この本をWクリックすると、通常通りに本が開いて内容が読めるのではなく、やっと「最後の言葉」というクエストが始まります。

依頼
おびただしい量の血痕が付着した、デンス卿の冒険日誌を発見しました。彼の冒険が、こと細かに記されており、どの記述も興味深いものばかりです。この、光晶洞の秘密を解き明かそうとした偉大な人物の物語を、後世の人々に伝えるために、図書館へ日誌を寄贈しますか?


この依頼を受けて、ブリテイン図書館に居るVerity the Librarianに話しかけると、クエストの完了です。

シーッ!静かに!本は大切に扱ってください。そんなに汚して・・・そ、それは・・・血痕ですか?*怯えた目つきで み、見せてもらっていいかしら。・・・・・こ、これは。あ、あなた、この日誌にどれほどの価値があるものか、おわかりですか?どうか、これを受け取ってください。


ここからは、大和オリジナルのデンス卿の話です。

先述のとおり、UOML導入時点で既に故人であるデンス卿は、ソーサリア歴上では50~60年前の人物という事になります。
また、探索の途中で亡くなっており、その軌跡を記しているであろう「冒険日誌」が見つけ出されていない状況においても「有名」であることから、光晶洞に挑む前から、名の知られた冒険家であったとの推測が成り立ちます。
第1話は、プレイヤー参加のEMホールデザインコンペの落成記念に開催された、語り部ベティの朗読会用に、こちらもプレイヤーからのシナリオを募ったものですが、「サン・ジョルディの日」に因んで行われるものでした。
これらを考え併せ、デンス卿の人物像などを、セルバンテスの「ドン・キホーテ」から拝借することにしました。

続きは、第1回と第2回のシナリオです。
実際のイベント時には、改変・割愛されている部分もありますが、第3回前のおさらいにはなるでしょう。
なお、現在はプレイヤーからのシナリオ募集を停止しているため、第3回の内容は承知しておりません。

続きを読む

テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

確率変動

NPC本クエストをこなしていたら、2連続でコレクターズエディション。
ここまでは「偶然」或いは「ラッキー」ぐらいのカンジだったが、次もコレクターズエディション。
統計(俺調べ)上、版種別に次のような出現確率のはず。

無印版: 86%
コレクターズエディション: 9%
限定版: 4%
初版: 1%


初版を大当たりとすれば、コレクターズエディションは小当たりに過ぎない。
9%×9%×9%てことは、結果0.073%。
そうそうある偶然とは言えない状況だが、これまでに初版を10冊以上出していることもあり、「すごい偶然」と片づけることは出来た。
しかし、更に4度目のクエストでもコレクターズエディションだった。
0.0066%・・・

有り得ない数字になってきた。
低確率の事象を意図的に連続で発生させる仕組み、即ち確率変動が導入されていると疑われても仕方のない数字だ。
そして、NPC本クエストの直前には、DOOM新AFレシピ(Britches of Warding)が当たっている。
まさか、新AFレシピの当たり判定に、確率変動抽選が含まれているのか?

ゴクリ
生唾を飲み込んで、5回目のNPC本クエストを試した。
→無印版「夢と幻影」

オチまでつけるとは、流石に20年間熟成しただけの事はある。
やはりUOは、タダものではない・・・

テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

行幸(Dairy Minoc紙より)

ブラックソン王の行幸日程が発表された。
首長任命などの国事行為を別とすれば、王が諸都市を歴訪されるのは、戴冠後初めての事となる。

この行幸は、首長からの要請を受ける形で実現したもので、各首長毎に工夫を凝らした歓迎式典などが計画されていると思われるが、市民の間にも歓迎の気運が高まりつつあるようだ。
ここ、ミノックでも行幸日程に組み込まれており、細部の視察経路などは未公表であるものの、酒場"The Barnacle"では、仕込みが大幅に増加し、早くもお祭りムードに包まれている。
本紙では、地元ワインを卸している"Château Sacrifice Winery"の代表に話を聞いた。

「納めても納めても発注が止まず、発酵樽はフル稼働が続いています。記念ブランデーの蒸留も始めたところですが、熟成が間に合うかどうか・・・」
記念ブランデー
(熟成を待つ記念ブランデーの樽)

ワイン通で知られるブラックソン王だけに、ミノック市民に交じり、"The Barnacle"で地元ワインを味わう場面があるかも知れない。

テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

高く掲げろ!

アンダーワールドのパズル景品「トーテム」は1種のエンドコンテンツだ。
内装品であるにも関わらず、どんな家にも合わせられない。
これまでも多くの内装家がトーテムに挑み、敗れ去ってきた。
斯く言う自分も、昨年、一昨年と2回挑戦し、2連敗を喫している。

・2015年、雨どい
・2016年、避雷針

そして今年2017年
高く掲げろ
(旗竿)

定番として、少なくとも1年間この状態を維持できれば自分の勝利。
それまでに、違和感に気付いてしまい、赤面しながらそっとロックダウンを外せば自分の負けだ。
敵はトーテムというより、自分自身なのかも知れない。

テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

プロフィール

Roland Rampant

Author:Roland Rampant
Ultima Online のVoid Pool での波数記録等を記事にしています。
単独或いは少人数チームでの目標設定にご活用下さい。
どなたでも、コメントに記録を記入して頂けたら、事後記事として掲載します。

最新記事
カテゴリ
参加人数別
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
オンラインカウンター
現在の閲覧者数: