EMイベント「トーテムの恵み」ログ

[16/05/26][22:00:40] [Adrok the Wandering Shaman]: やあ、こんにちは。
[16/05/26][22:00:45] [Adrok the Wandering Shaman]: 今日はブリタニアンでは初めて
[16/05/26][22:00:53] [Adrok the Wandering Shaman]: 縁あって私と義兄弟となったジョフリー卿のたっての願いにより、
[16/05/26][22:00:57] [Adrok the Wandering Shaman]: 弟子入り志願のブリタニアンを受け入れることになったのだが……。
[16/05/26][22:01:06] [Adrok the Wandering Shaman]: はて、こんなに人数が多かったかね?
[16/05/26][22:01:11] [Osborn the Citizen]: 師匠! 師匠! 私でございます!
[16/05/26][22:01:17] [Adrok the Wandering Shaman]: !!!
[16/05/26][22:01:26] [Osborn the Citizen]: 私が弟子入り志願のブリタニアン、オズボーンです!
[16/05/26][22:01:32] [Osborn the Citizen]: ああ! この日をどんなに待ちわびたことか……!
[16/05/26][22:01:35] [Osborn the Citizen]: 感激で言葉も出ません!
[16/05/26][22:01:41] [Osborn the Citizen]: ええと、この者たちは単なる私の護衛の者でして、
[16/05/26][22:01:47] [Adrok the Wandering Shaman]: ほうほう。
[16/05/26][22:01:52] [Osborn the Citizen]: 弟子入りするのは私一人ですのでお間違いなきよう!
[16/05/26][22:01:57] [Osborn the Citizen]: わ・た・し・だ・け! ですので!
[16/05/26][22:02:01] [Adrok the Wandering Shaman]: ふむ……。大歓迎ではあるが、まだ弟子入りさせると決まったわけではないぞ?
[16/05/26][22:02:10] [Adrok the Wandering Shaman]: イオドーンの先住民族について学びを深めながら、
[16/05/26][22:02:16] [Adrok the Wandering Shaman]: 諸君の熱意と素質と妄想……いや、洞察力のほどを見極めさせていただく。
[16/05/26][22:02:25] [Adrok the Wandering Shaman]: 加えて最後に本日の私の講義から問題を一問出題する。
[16/05/26][22:02:31] [Adrok the Wandering Shaman]: いいかね?
[16/05/26][22:02:34] [Osborn the Citizen]: ふむふむ。
[16/05/26][22:02:36] [Adrok the Wandering Shaman]: 迷子にならないようにあらかじめTamchannelに入っておきなさい。
[16/05/26][22:02:44] [Osborn the Citizen]: 入っておきたまえ!
[16/05/26][22:02:47] [Adrok the Wandering Shaman]: よろしいかな?
[16/05/26][22:02:53] [Osborn the Citizen]: はい!
[16/05/26][22:03:03] [Adrok the Wandering Shaman]: では早速ゲート経由で
[16/05/26][22:03:06] [<57604791>Osborn the Citizen]: はい!
[16/05/26][22:03:09] [Adrok the Wandering Shaman]: イオドーンに出発しよう!
[16/05/26][22:03:15] [Adrok the Wandering Shaman]: GOGO
[16/05/26][22:04:01] [Adrok the Wandering Shaman]: さて、本格的にイオドーンへ分け入る前に、
[16/05/26][22:04:08] [Adrok the Wandering Shaman]: 自己紹介もかねて私たちシャーマンの役割について説明しておこう。
[16/05/26][22:04:18] [Adrok the Wandering Shaman]: 各部族には部族長がいて、ある時はリーダー、ある時は調停役、
[16/05/26][22:04:25] [Adrok the Wandering Shaman]: 他部族との衝突時には指揮官となって各部族を率いている。
[16/05/26][22:04:31] [kumi]: Rel Sanct
[16/05/26][22:04:33] [Adrok the Wandering Shaman]: 一方シャーマンはというとスピリチュアル・リーダーとして
[16/05/26][22:04:37] [Adrok the Wandering Shaman]: 部族の儀式に関わるすべてを司る。
[16/05/26][22:04:41] [Adrok the Wandering Shaman]: 中には私たちのようにわけあって放浪する者もあるわけだが……。
[16/05/26][22:04:50] [Adrok the Wandering Shaman]: *コホン*
[16/05/26][22:04:52] [Osborn the Citizen]: うんうん
[16/05/26][22:04:56] [Adrok the Wandering Shaman]: 通常はどこかしらの部族に所属してトーテムを用いた儀式を行い、
[16/05/26][22:05:00] [Calvet]: In Lor
[16/05/26][22:05:01] [Adrok the Wandering Shaman]: 精霊たちと交信して部族長にアドバイスを与える立場だ。
[16/05/26][22:05:10] [Adrok the Wandering Shaman]: 自由人なだけだよ……
[16/05/26][22:05:15] [Adrok the Wandering Shaman]: 例えば結婚に際し、その絆の有効性を占ったりもする。
[16/05/26][22:05:20] [Adrok the Wandering Shaman]: 動物を屠るときには精霊に許しを乞い、
[16/05/26][22:05:24] [Adrok the Wandering Shaman]: 苦難の時には勇気と健康を祈願したりもする。
[16/05/26][22:05:30] [Adrok the Wandering Shaman]: また各部族のヒーラーの長であったりもする。
[16/05/26][22:05:36] [Adrok the Wandering Shaman]: 次にイオドーンのなりたちについてもざっくりと説明しておこう。、
[16/05/26][22:05:43] [Adrok the Wandering Shaman]: あなた方とは次元を異にするもうひとつの世界で、
[16/05/26][22:05:46] [Adrok the Wandering Shaman]: あるいは遠い過去世で、あなた方の祖先……すなわちアバタールは
[16/05/26][22:05:50] [Adrok the Wandering Shaman]: 夢の導きによってあるムーンストーンを手に入れたと言われる。
[16/05/26][22:05:54] [Adrok the Wandering Shaman]: それは驚くべき力を秘めていた。
[16/05/26][22:05:58] [Adrok the Wandering Shaman]: なぜこれが“腐敗したムーンストーン”と呼ばれるのか。
[16/05/26][22:06:02] [Adrok the Wandering Shaman]: 彼が助けを求めたのが生まれ変わる前のエリー・ラフキン教授、
[16/05/26][22:06:05] [Adrok the Wandering Shaman]: エリオット・ラフキン教授だ。
[16/05/26][22:06:08] [Adrok the Wandering Shaman]: 彼らはラフキン教授のラボでムーンストーンによって引き起こされた事故によって
[16/05/26][22:06:14] [Adrok the Wandering Shaman]: この世界へムーンゲートを通じてやって来たと言われている。
[16/05/26][22:06:19] [Adrok the Wandering Shaman]: 一方現在ではホークウィンドと呼ばれる存在により、
[16/05/26][22:06:23] [Adrok the Wandering Shaman]: あなた方はイオドーンの地へシルバーゲートを通じてやって来た。
[16/05/26][22:06:28] [Adrok the Wandering Shaman]: そうであろう?
[16/05/26][22:06:32] [Adrok the Wandering Shaman]: 覚えているかな?
[16/05/26][22:06:38] [Adrok the Wandering Shaman]: このムーンゲートを取り囲む同心円は実に興味深い。
[16/05/26][22:06:46] [Adrok the Wandering Shaman]: これは一体なんだと思うかね?
[16/05/26][22:07:05] [Adrok the Wandering Shaman]: ふむふむ。
[16/05/26][22:07:11] [Adrok the Wandering Shaman]: 蚊取り線香!!!
[16/05/26][22:07:28] [Adrok the Wandering Shaman]: それもそうだが……
[16/05/26][22:07:37] [Adrok the Wandering Shaman]: 聞きしにまさる洞察力だな!
[16/05/26][22:07:38] [Adrok the Wandering Shaman]: おおおお
[16/05/26][22:07:43] [Adrok the Wandering Shaman]: バームクーヘン!
[16/05/26][22:07:46] [Osborn the Citizen]: バームクーヘンという意見が
[16/05/26][22:07:55] [Adrok the Wandering Shaman]: なるほど。
[16/05/26][22:08:00] [Adrok the Wandering Shaman]: 恐れ入った。
[16/05/26][22:08:07] [Adrok the Wandering Shaman]: 個人的には
[16/05/26][22:08:16] [Adrok the Wandering Shaman]: これは年輪のようなものではないかと思っている。
[16/05/26][22:08:29] [Adrok the Wandering Shaman]: そうだな。
[16/05/26][22:08:32] [Adrok the Wandering Shaman]: バームクーヘンと
[16/05/26][22:08:35] [Adrok the Wandering Shaman]: 同じだな。
[16/05/26][22:08:46] [Adrok the Wandering Shaman]: よろしいだろう。
[16/05/26][22:08:49] [Adrok the Wandering Shaman]: ホークウィンドはシルバーゲートを4つの宝石によってつくり出したが、
[16/05/26][22:08:55] [Adrok the Wandering Shaman]: さりとてかつてアバタールが手に入れたという
[16/05/26][22:09:00] [Adrok the Wandering Shaman]: ムーンストーンの存在が否定されたわけではない。
[16/05/26][22:09:03] [Adrok the Wandering Shaman]: なぜならばここ、イオドーンの先住民族の間では、
[16/05/26][22:09:07] [Adrok the Wandering Shaman]: 脈々と語り継がれる創造主……すなわちKotlの存在があるからだ。
[16/05/26][22:09:14] [Adrok the Wandering Shaman]: Kotlについて聞いたことはあるかね?
[16/05/26][22:09:23] [Adrok the Wandering Shaman]: よろしいだろう。
[16/05/26][22:09:26] [Adrok the Wandering Shaman]: 来たまえ。
[16/05/26][22:10:15] [Adrok the Wandering Shaman]: ごらん。ピラミッドだ。
[16/05/26][22:10:22] [Adrok the Wandering Shaman]: この建築物は多くの謎と神秘に満ちている。
[16/05/26][22:10:30] [Adrok the Wandering Shaman]: 基辺の長さを全て加え、高さx2の数値で割ると、πに限りなく近い数値になることや、
[16/05/26][22:10:44] [Adrok the Wandering Shaman]: 高さと、一辺の長さの比は約1:1.6で黄金比であることを聞いたことがあるであろう?
[16/05/26][22:10:53] [Adrok the Wandering Shaman]: うむ。
[16/05/26][22:10:57] [Adrok the Wandering Shaman]: さて、このピラミッドをはじめここイオドーンには
[16/05/26][22:11:04] [Adrok the Wandering Shaman]: きわめて完成度の高いいくつかの建築物が存在する。
[16/05/26][22:11:10] [Adrok the Wandering Shaman]: 一体誰がこのようなものを作ったのだろうか?
[16/05/26][22:11:16] [Adrok the Wandering Shaman]: その存在を我々は創造主、あるいはKotlと呼んでいるが、
[16/05/26][22:11:26] [Adrok the Wandering Shaman]: Kotlとは彼らが地下に築いた高度な文明を誇る都市の名前でもある。
[16/05/26][22:11:30] [Adrok the Wandering Shaman]: そのKotlこそが身の回りの世話をする召使としてムーンストーンの力を用い、
[16/05/26][22:11:34] [Adrok the Wandering Shaman]: ミュルミデックスを作り出した張本人である。
[16/05/26][22:11:45] [Adrok the Wandering Shaman]: 知っていたかね?
[16/05/26][22:11:55] [Adrok the Wandering Shaman]: 驚くところだぞ!
[16/05/26][22:11:59] [Osborn the Citizen]: ミュルミデックスを造ったと…!!
[16/05/26][22:12:03] [Adrok the Wandering Shaman]: しかしやがてミュルミデックスは逃げ出してしまい、
[16/05/26][22:12:12] [Adrok the Wandering Shaman]: その代わりに連れて来られたのが私たちの祖先のヒューマンというわけだ。
[16/05/26][22:12:25] [Adrok the Wandering Shaman]: うむうむ。
[16/05/26][22:12:34] [Adrok the Wandering Shaman]: ああーホイルをひっぱるのはやめなさいー
[16/05/26][22:12:39] [Adrok the Wandering Shaman]: そうなのだよ。
[16/05/26][22:12:46] [Adrok the Wandering Shaman]: 我々は召使の末裔なのだ。
[16/05/26][22:12:56] [Adrok the Wandering Shaman]: さてそのあと
[16/05/26][22:12:59] [Adrok the Wandering Shaman]: Kotlを討とうと舞い戻ったミュルミデックスの女王によって
[16/05/26][22:13:06] [Adrok the Wandering Shaman]: 創造主が都市を追われた後は各部族は散り散りになり
[16/05/26][22:13:12] [Adrok the Wandering Shaman]: それぞれが独自の発展を遂げることになったわけだが、
[16/05/26][22:13:18] [Adrok the Wandering Shaman]: Barrab族だけはどういうわけかミュルミデックスを崇拝の対象とした。
[16/05/26][22:13:26] [Adrok the Wandering Shaman]: では、各部族を巡る旅に出発しよう。
[16/05/26][22:13:30] [Adrok the Wandering Shaman]: うむうむ。
[16/05/26][22:13:40] [Osborn the Citizen]: うわさをすれば!
[16/05/26][22:13:52] [Adrok the Wandering Shaman]: ちょっとまってね
[16/05/26][22:14:04] [Adrok the Wandering Shaman]: 奥へいどうするよー
[16/05/26][22:14:46] [Adrok the Wandering Shaman]: とまってー
[16/05/26][22:14:48] [Adrok the Wandering Shaman]: とまってー
[16/05/26][22:14:59] [Adrok the Wandering Shaman]: きこえるかーい
[16/05/26][22:15:05] [Osborn the Citizen]: きこえます
[16/05/26][22:15:21] [Adrok the Wandering Shaman]: 成人の儀式!
[16/05/26][22:15:26] [Adrok the Wandering Shaman]: なるほどそうかもしれないね!
[16/05/26][22:15:31] [Adrok the Wandering Shaman]: あるいは
[16/05/26][22:15:36] [Adrok the Wandering Shaman]: ライオンのように
[16/05/26][22:15:43] [Adrok the Wandering Shaman]: 崖から突き落とす儀式かもしれない。
[16/05/26][22:15:47] [Adrok the Wandering Shaman]: まあそれはおいておいて。
[16/05/26][22:15:52] [Adrok the Wandering Shaman]: このようにBarrab族は
[16/05/26][22:15:55] [Adrok the Wandering Shaman]: すぐ近くにミュルミデックスの巣穴が口をあけるこの地に定住した。
[16/05/26][22:16:04] [Adrok the Wandering Shaman]: 地図を見ると大きな穴が口をあいているのがわかるだろう。
[16/05/26][22:16:10] [Adrok the Wandering Shaman]: 穴の中がどうなっているのか実に興味深い。
[16/05/26][22:16:14] [Adrok the Wandering Shaman]: このように岩場の多い高台に暮らす彼らは
[16/05/26][22:16:19] [Adrok the Wandering Shaman]: 優れたクライマーとしてもよく知られる。
[16/05/26][22:16:24] [Adrok the Wandering Shaman]: うむ。最近流行りのボルダリングというやつだな。
[16/05/26][22:16:31] [Adrok the Wandering Shaman]: 戦闘中の彼らを観察していると岸壁をよじ登り、
[16/05/26][22:16:34] [Adrok the Wandering Shaman]: スピアの雨を降らせるという戦術をしばしば取るらしい。
[16/05/26][22:16:38] [Adrok the Wandering Shaman]: とても礼儀正しい種族として知られるが、あまり開放的とは言えない。
[16/05/26][22:16:42] [Adrok the Wandering Shaman]: ミュルミデックスを崇拝の対象とした今は余計聞く耳を持たないかも知れぬ。
[16/05/26][22:16:49] [Adrok the Wandering Shaman]: “ひとつの谷”を合言葉に奮闘する兄弟には申し訳ないが、
[16/05/26][22:16:56] [Adrok the Wandering Shaman]: 私のように彼らがあってはじめて“ひとつの谷”なのだと、
[16/05/26][22:16:59] [Adrok the Wandering Shaman]: そう思っている者も少なくはないかも知れないね。
[16/05/26][22:17:09] [Osborn the Citizen]: ……。
[16/05/26][22:17:15] [Adrok the Wandering Shaman]: Barrab族についてはわかったかな?
[16/05/26][22:17:23] [Adrok the Wandering Shaman]: さて、次はKurak族の村へ行ってみよう。
[16/05/26][22:17:57] [Adrok the Wandering Shaman]: とまって~
[16/05/26][22:18:01] [Thora]: In Vas Por
[16/05/26][22:18:13] [Adrok the Wandering Shaman]: Kurak族はもともと農耕の民でめったに争うことはしないが、
[16/05/26][22:18:23] [Adrok the Wandering Shaman]: 虎の子どもをミュルミデックスから救ったことから精霊Motazzに守られている。
[16/05/26][22:18:31] [Adrok the Wandering Shaman]: Barrab族以外の部族はこのようにそれぞれに守護霊を持ち、
[16/05/26][22:18:40] [Adrok the Wandering Shaman]: 彼らのトーテム、すなわち血族の印は虎の頭蓋骨だ。
[16/05/26][22:19:16] [Adrok the Wandering Shaman]: 村がイオドーンの玄関口に位置しているだけでなく、
[16/05/26][22:19:23] [Adrok the Wandering Shaman]: 彼ら自身も極めて温厚で旅人をよく歓待する。
[16/05/26][22:19:45] [Adrok the Wandering Shaman]: また他部族との交流がもっとも盛んな部族でもあり、
[16/05/26][22:19:50] [Adrok the Wandering Shaman]: しばしば他部族からの脱走者を受け入れたことでも知られる。
[16/05/26][22:19:56] [Adrok the Wandering Shaman]: いわばイオドーンにおける人種のるつぼだ。
[16/05/26][22:20:04] [Adrok the Wandering Shaman]: 地理的にも前後に開放的で来るもの拒まず去る者追わずといった風情だ
[16/05/26][22:20:10] [Adrok the Wandering Shaman]: そしてここから南東には大きな活火山があるが、
[16/05/26][22:20:15] [Adrok the Wandering Shaman]: そこに暮らすのがJukari族だ。
[16/05/26][22:20:25] [Adrok the Wandering Shaman]: ちょっと危険な場所に移動するぞ。
[16/05/26][22:20:47] [Adrok the Wandering Shaman]: 西へ向かえば彼らの集落がある。何の変哲もない石造りの家が並ぶ小さな村だ。
[16/05/26][22:21:48] [Adrok the Wandering Shaman]: 溶岩流が流れる極めて危険な、それゆえに未開の地域にあって、
[16/05/26][22:21:54] [Adrok the Wandering Shaman]: 彼らは最も原始的な暮らしを守っていると言われる。
[16/05/26][22:22:04] [Adrok the Wandering Shaman]: しかし彼らが精霊に守られたこの地を離れることはないだろう。
[16/05/26][22:22:22] [Adrok the Wandering Shaman]: 危険な地域なのにね。
[16/05/26][22:22:23] [Adrok the Wandering Shaman]: うむ。
[16/05/26][22:22:28] [Adrok the Wandering Shaman]: そうなのだよ。
[16/05/26][22:22:33] [Adrok the Wandering Shaman]: 彼らがミュルミデックスに囲まれ、絶対絶命のピンチに見舞われたとき、
[16/05/26][22:22:37] [Adrok the Wandering Shaman]: 火山は彼らに同調し、その炎と溶岩流で彼らを守ったと言われる。
[16/05/26][22:22:48] [Adrok the Wandering Shaman]: それこそが温泉……
[16/05/26][22:22:52] [Adrok the Wandering Shaman]: それこそが精霊Kukuzzであり、彼らのトーテムは溶岩と炎である。

[16/05/26][22:23:15] [Adrok the Wandering Shaman]: やはりその恩義を
[16/05/26][22:23:19] [Adrok the Wandering Shaman]: 忘れない限り
[16/05/26][22:23:25] [Adrok the Wandering Shaman]: 彼らはここにとどまるであろうなあ
[16/05/26][22:23:39] [Adrok the Wandering Shaman]: そして北西方面には樹上の部族、Barako族の村がある。
[16/05/26][22:23:42] [Adrok the Wandering Shaman]: そうだね。
[16/05/26][22:23:57] [Adrok the Wandering Shaman]: のぼってみたまえ
[16/05/26][22:24:03] [Adrok the Wandering Shaman]: のぼってごらん
[16/05/26][22:24:08] *ツタはそれを使って登るのに十分な強度があるように見えます*
[16/05/26][22:25:19] [Adrok the Wandering Shaman]: みんないるかなー
[16/05/26][22:25:55] [Adrok the Wandering Shaman]: さて
[16/05/26][22:26:03] [Adrok the Wandering Shaman]: だいたい来たかな?
[16/05/26][22:26:06] [Adrok the Wandering Shaman]: うむ。
[16/05/26][22:26:58] [Adrok the Wandering Shaman]: Barako族が崇拝するAphazzはこの近くの洞窟に棲む巨大なシルバーバックゴリラで
[16/05/26][22:27:05] [Adrok the Wandering Shaman]: 何度でも生まれ変わり、Barako族に寄り添っていると言われる。
[16/05/26][22:27:12] [Adrok the Wandering Shaman]: Barako族はその頭蓋骨をトーテムとして祀っている。
[16/05/26][22:27:19] [Adrok the Wandering Shaman]: Barako族は母系社会で部族長は歴代女性だったと言われているが現在は男性だ。
[16/05/26][22:27:24] [Adrok the Wandering Shaman]: さすがにそういう時代でもないのであろうな……。
[16/05/26][22:27:33] [Adrok the Wandering Shaman]: 今は他の部族でも女性部族長はめずらしくはなくなった。
[16/05/26][22:27:42] [Adrok the Wandering Shaman]: しかし彼らはイオドーンの部族たちの間でも特に攻撃的だった気がする……。
[16/05/26][22:27:50] [Adrok the Wandering Shaman]: 気のせいか?
[16/05/26][22:27:54] [Osborn the Citizen]: ブリタニアと同じですな!
[16/05/26][22:27:55] [Adrok the Wandering Shaman]: おお
[16/05/26][22:27:58] [Adrok the Wandering Shaman]: そうだな!
[16/05/26][22:28:06] [Adrok the Wandering Shaman]: それはさておき、彼らは着道楽とも言われている。
[16/05/26][22:28:10] [Adrok the Wandering Shaman]: まあ私のような裸族には関係のない話であるが……。
[16/05/26][22:28:20] [Adrok the Wandering Shaman]: そうらしいね。
[16/05/26][22:28:25] [Adrok the Wandering Shaman]: 同じに見えるけれど
[16/05/26][22:28:30] [Adrok the Wandering Shaman]: 儀式のときなどは
[16/05/26][22:28:36] [Adrok the Wandering Shaman]: ひそかにオシャレするのかもわからないね。
[16/05/26][22:28:46] [Adrok the Wandering Shaman]: ほほうー
[16/05/26][22:28:59] [Adrok the Wandering Shaman]: では次に行ってみよう。
[16/05/26][22:29:02] [Adrok the Wandering Shaman]: 北側に広がる広大な沼地の入り口に暮らすのはSakkhra族だ。
[16/05/26][22:30:24] [Adrok the Wandering Shaman]: ちょっとまとう。
[16/05/26][22:30:26] [Adrok the Wandering Shaman]: うむ。
[16/05/26][22:30:27] [Adrok the Wandering Shaman]: そうだね
[16/05/26][22:30:28] [Adrok the Wandering Shaman]: あの
[16/05/26][22:30:37] [Adrok the Wandering Shaman]: 床タイルのようなものは
[16/05/26][22:30:41] [Adrok the Wandering Shaman]: トーテムのタイルは頬に傷のあるHeluzzの頭蓋骨を象徴しているのだろう。
[16/05/26][22:30:50] [Adrok the Wandering Shaman]: Sakkhra族こそKotlに暮らした人々の直系の子孫だという説もある。
[16/05/26][22:31:05] [Adrok the Wandering Shaman]: そうだ。
[16/05/26][22:31:14] [Adrok the Wandering Shaman]: ほほうー
[16/05/26][22:31:19] [Adrok the Wandering Shaman]: それほど彼らは賢く、高度な技術や文明を持っているということだ。
[16/05/26][22:31:26] [Adrok the Wandering Shaman]: 見たかい?
[16/05/26][22:31:29] [Adrok the Wandering Shaman]: 何とも立派な門構えじゃないかね?

[16/05/26][22:31:46] [Adrok the Wandering Shaman]: そうだね。
[16/05/26][22:31:50] [Adrok the Wandering Shaman]: T-Rexの襲撃に供えて高い塀を巡らせたという話もある。
[16/05/26][22:31:58] [Adrok the Wandering Shaman]: うむうむ。
[16/05/26][22:32:09] [Adrok the Wandering Shaman]: Sakkhra族とは対照的に何とも開放的な水辺に住むのがUrali族だ。
[16/05/26][22:32:19] [Adrok the Wandering Shaman]: 亀のところね。
[16/05/26][22:32:32] [Adrok the Wandering Shaman]: はいとまってー
[16/05/26][22:33:05] [Adrok the Wandering Shaman]: この水辺で彼らは精霊Fabozzとともに暮らしている。
[16/05/26][22:33:13] [Adrok the Wandering Shaman]: 彼らのトーテムはドラゴンタートルの頭部だ。
[16/05/26][22:33:35] [Adrok the Wandering Shaman]: この地域はかつてはもっと広大な湿地帯で
[16/05/26][22:33:41] [Adrok the Wandering Shaman]: Urali族も一帯で勢力をふるったと言われているが、
[16/05/26][22:33:46] [Adrok the Wandering Shaman]: 年月とともに干上がり、現在の大きさになったと言われている。
[16/05/26][22:33:54] [Adrok the Wandering Shaman]: さて。
[16/05/26][22:33:57] [Adrok the Wandering Shaman]: ここまでで何かご質問はあるかね?
[16/05/26][22:34:04] [Adrok the Wandering Shaman]: イオドーンについて
[16/05/26][22:34:10] [Adrok the Wandering Shaman]: はははは。
[16/05/26][22:34:19] [Adrok the Wandering Shaman]: いいね!
[16/05/26][22:34:29] [Adrok the Wandering Shaman]: ちょっとは私たちイオドニアンについて
[16/05/26][22:34:39] [Adrok the Wandering Shaman]: 学びを深めてもらえたかね?
[16/05/26][22:34:42] [Adrok the Wandering Shaman]: ああ
[16/05/26][22:34:52] [Adrok the Wandering Shaman]: もしかしたらここは
[16/05/26][22:34:56] [Adrok the Wandering Shaman]: 地底なのかもしれないね。
[16/05/26][22:34:58] [Adrok the Wandering Shaman]: うむ。
[16/05/26][22:35:04] [Adrok the Wandering Shaman]: きっと
[16/05/26][22:35:11] [Adrok the Wandering Shaman]: どこかでつながっているのだよ。
[16/05/26][22:35:22] [Adrok the Wandering Shaman]: よろしいかな?
[16/05/26][22:35:27] [Adrok the Wandering Shaman]: うむ。
[16/05/26][22:35:32] [Adrok the Wandering Shaman]: では私からあなた方へのはなむけとして出題させていただく。
[16/05/26][22:35:38] [Adrok the Wandering Shaman]: 準備はいいかね?
[16/05/26][22:35:43] [Adrok the Wandering Shaman]: 正解者には私からささやかな贈り物をしよう。
[16/05/26][22:35:54] [Adrok the Wandering Shaman]: 変わったものがないかよく探しなさい。
[16/05/26][22:35:59] [Adrok the Wandering Shaman]: では問題だ。
[16/05/26][22:36:05] [Adrok the Wandering Shaman]: ここ、イオドーンの玄関口にあって、人種のるつぼと呼ばれた部族は何族か?
[16/05/26][22:36:13] [Adrok the Wandering Shaman]: 行ってみなさい。
[16/05/26][22:36:17] [Adrok the Wandering Shaman]: では!
[16/05/26][22:36:21] [Adrok the Wandering Shaman]: のちほど!

[16/05/26][22:43:12] [Adrok the Wandering Shaman]: 今日から諸君は私の兄弟であり、弟子だ。
[16/05/26][22:43:18] [Osborn the Citizen]: おおお
[16/05/26][22:43:20] [Osborn the Citizen]: !
[16/05/26][22:43:21] [Adrok the Wandering Shaman]: うむうむ。
[16/05/26][22:43:30] [Adrok the Wandering Shaman]: 何か
[16/05/26][22:43:33] [Adrok the Wandering Shaman]: 困ったことがあったら
[16/05/26][22:43:38] [Adrok the Wandering Shaman]: いつでも訪ねてきなさい。
[16/05/26][22:43:47] [Adrok the Wandering Shaman]: では名残惜しいが
[16/05/26][22:43:53] [Adrok the Wandering Shaman]: ごきげんよう!
[16/05/26][22:43:55] [Adrok the Wandering Shaman]: フフフ
[16/05/26][22:43:56] [Adrok the Wandering Shaman]: ぜひ
[16/05/26][22:43:59] [Adrok the Wandering Shaman]: さがしてみてくれたまえ。
[16/05/26][22:44:02] [Adrok the Wandering Shaman]: では!



雑感
平日のイベント参加は久しぶり。
木曜というと、Yamato固有のストーリー型イベント「銀蛇自警団」を思い出すが、今回は単発ではあったものの、根底にある部分は一緒だと感じた。
チェインクエスト「部族たちをひとつにせよ」の背景的な部分を補完し、次Pubへの繋ぎをスムーズにするという意義のあるイベントだったわけだが、UOは、1980年代にまで遡る事のできるオリジナルUltimaシリーズを下敷きにしており、背景的な事柄については、「そんなん知らんがな」というブレイヤーも多いと思う。
オリジナルUltimaシリーズは、その古さもあって、ネット上の情報も限られることから、このような形でフォローが得られるのは幸いな事だ。
他シャードのEMイベントには参加したことがないが、Yamatoに限って言えば、銀蛇自警団を含め、「愉しみながら世界背景(Ultimaの歴史)を識る」という性質のものが多い。
そして、そのような知識の有無は、少なからず個々人の感じるUOの愉しさに影響を与えていると感じる。
恐らくは、EMの狙いもそこにあり、刹那的なものではなく、じわりと来るストーリー性の愉しさを伝えようとしているのではないだろうか。

テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Roland Rampant

Author:Roland Rampant
Ultima Online のVoid Pool での波数記録等を記事にしています。
単独或いは少人数チームでの目標設定にご活用下さい。
どなたでも、コメントに記録を記入して頂けたら、事後記事として掲載します。

最新記事
カテゴリ
参加人数別
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
オンラインカウンター
現在の閲覧者数: