スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Provenance - 来歴

さるレディから、私設博物館に寄贈品があった。
梱包を解くと、ある種の生臭さが漂い、さてはイタズラかと思ったのは事実だ。
それは、極めて高温で焼成されたと思われる小型の薄い壺で、一瞬ガラス細工かと思うほど硬質だが、透明感はなく白磁に近いもののようだ。
パスタボウル

生臭さの理由は、彼女がこれを発見したとき、中に生きた魚が入ったいたかららしい。
壺には書簡が添付されており、それによれば、この壺の来歴はかなり複雑のようだ。
価値ある美術品には、Provenance、つまりは来歴証明がつきものだか、"粉砕"以前に遡る品の場合はあやふやになりがちでもある。

ところで、古代Rondrin朝には、陶磁器の中でも名物中の名物と言われた「天下三茄子」と称される茶入れがあったとか。
封建制であったRondrin朝では、領地と呼ばれる一定の範囲の土地を媒介として主従関係の契約が成り立っていたが、「天下三茄子」ほどの名品となると、領地に匹敵する程の価値があったとも言われている。
彼女によれば、寄贈品はRondrin朝天下三茄子の一つ「白茄子」の可能性があるらしい。
「らしい」というのもあやふやな話だが、"粉砕"以降、陶磁器作成の技術が失われたのと同じ理屈で、所謂「目利き」と言うに相応しい人物を見つけるのも難しいため、止むを得ないだろう。

彼女からの書簡を読むと、とある航海日誌を思い出した。
古書の類を集めている中で偶然買い求めたもので、比較的最近のものであったことから、特段の価値は認めていなかったものだ。
記憶に間違いがなければ、「宣教」と「パスタ」という単語が記載されたいたはずだが・・・

「白茄子」かもしれない壺の来歴が気になる方はミノック港の北↓へ。
場所

関連記事: Chronology -"Time of Legends"関連年代記

テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Roland Rampant

Author:Roland Rampant
Ultima Online のVoid Pool での波数記録等を記事にしています。
単独或いは少人数チームでの目標設定にご活用下さい。
どなたでも、コメントに記録を記入して頂けたら、事後記事として掲載します。

最新記事
カテゴリ
参加人数別
最新コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。