献身の奇跡

献身のアンクを屋上に掲げ、献身の徳を奉ずる当館には、ときおり不思議な事が起こります。

あれは確か、去年の今頃でしたでしょうか。
感謝祭の近づいたある晩のこと、豊穣の角を使うと、まるで自分を使ってくれと言うかのように、晩餐のメニューを考えていた調理長Eileenの前にターキーが現れました。
ご主人様は、Eileenが腕を振るったローストターキーに舌鼓を打ちながら、ミノック近郊では、野鳥や動物の類にさえ献身の徳が浸透しているのではないかと、半ば冗談めかして仰っていましたが、どうやら冗談ではなく、献身の徳の成せる奇跡だったのかも知れません。

と申しますのも、早くもクリスマスの飾り付けに取り掛かっていたご主人様が、Minocの孤児たちにご馳走を振る舞おうと、屋上でバーベキュー場を設えていたところ、一匹の丸々と太った豚が、焼かれるのを待つかのように、焼き串の前にやってきたというのです。
献身pig

もちろん、当館の周辺は豊かな森ですから、野生の豚が訪れのは、ままある事です。
しかし、野生であるからこそ、このような場面は、本能的に回避しそうなもの。
昨年の事もあり、偶然の一言は片づけられないものを感じます。

テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Roland Rampant

Author:Roland Rampant
Ultima Online のVoid Pool での波数記録等を記事にしています。
単独或いは少人数チームでの目標設定にご活用下さい。
どなたでも、コメントに記録を記入して頂けたら、事後記事として掲載します。

最新記事
カテゴリ
参加人数別
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
オンラインカウンター
現在の閲覧者数: