贖罪

新Pubが入ったとのことでシルバーゲートを使おうとウィスプダンジョンに向かったのですが、例の神殿への通路は既に閉鎖済み。
聞けば、ムーンゲートの選択画面から行けるようになっているとのことでした。
勇んで踏み出した場所は、シャドウガードならぬイオドーンという名の地。
イオドーンの探索を始めて直ぐに、ショッキングな出来事に遭遇しました。
Hawkwindこと、The Time Lordが、誰彼構わずに、マスタリー書のクエストを乱発していていたのです。
そのときのショックを解かり難く例えると、旅先で立寄った商店街で、昔好きだったアイドルがテュッシュ配りをしていたようなカンジでしょうか。

気を取り直して更に先に進むと、ブリタニアからの遠征軍が戦闘中でした。
敵は見たこともないような恐竜などでしたが、その中にはゴリラもいます。
動物の類は中立カルマで、能動的には襲い掛かってこないというのが、ファセットに寄らないこれまでのセオリー。
しかし、イオドーンの怒れるゴリラたちは、視界に入るや否や、バナナを投げつけてきます。
不思議に思っていたところ、後に、評議会の議事録の中にその答えが見つかりました。

King Blackthorn: それにしてもブリタニアを含むソーサリア各地に被害が及ぶのを避けるべく、
King Blackthorn: イオドーンの谷へとシャドウガードを送り込んでくださった、
King Blackthorn: タイムロードのみわざにただ、ただ感服するのみである!


考えてみれば、シルバーゲートは諸刃の剣。
ソーサリアからシャドウゲートへの遠征を容易にするものとは言え、その逆も言えます。「物騒なものは遠くへ」というコトで、イオドーンが選ばれたのかも知れませんが、どうやらThe Time Lorはゴリラたちの同意を取り付けることを忘れていたようです。

ゴリラにしてみれば、生活圏内に産廃施設や原発がいきなり建設されたようなものでしょうから、こちらに敵意を持つのは当然と言えるでしょう。
知らされていなかったとは言え、私を含め、この結果に加担した人々は、ゴリラの怒りを甘んじて受け止めなければならないのかも知れません。

ただ一言、ゴリラたちに弁明させて貰えるならば、主犯が近くでテッシュ配りをしているという事だけは伝えたいところです。

テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Roland Rampant

Author:Roland Rampant
Ultima Online のVoid Pool での波数記録等を記事にしています。
単独或いは少人数チームでの目標設定にご活用下さい。
どなたでも、コメントに記録を記入して頂けたら、事後記事として掲載します。

最新記事
カテゴリ
参加人数別
最新コメント
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
オンラインカウンター
現在の閲覧者数: