月刊「ブリタニア演劇界」

騒乱罪で強制退場者が出るという、予想外の一幕からスタート。
窃盗であればリンゴ一個でも死刑というブリタニアでも、流石に騒いだというだけでの極刑はないようだ。
これに伴い、評議会場の扉が閉鎖され、開幕時間に遅れた観客も締め出される事になってしまったのは残念だが、開演後の入場も良いマナーとは言えないため、観客としては、時間に余裕を持って行動する事を心がけたい。

新人のベスパー首長が欠席であったためか、今期評議会の目玉である「憲章」の話題には触れられず、発布は次回以降に見送られたようだが、改正ブラックロック法案は可決に至り、常に問題視されてきた国王の行政上の負荷について、軽減化を図る動きが具体化されたのは喜ばしい事だ。

今回は特に新人のトリンシック首長の演技力に注視していたが、再選首長と遜色ないもので、王の発言を諌めるような場面も。
更にミナックスの信奉者を根絶するとも宣言。
訓練としてはエクソダス討伐を行うとのことだが、訓練を終えたら前王ブリティッシュの意図を体し、有志を募ってフェルッカ奪還に乗り出すのかも知れない。
この点に関しては、ブラックソン王はのらりくらりしている様にも見える。
「徳」と「混沌」の過去の柵に起因するところもあるかも知れないが、未だにブリタニア貴族がブリティッシュ城に集い、ブラックソン城に寄り付かない原因は、その旗色不鮮明なところにあるような気がするのは自分だけだろうか。

全体としては、一貫性がないというとマイナス表現になってしまうが、漫画週刊誌を読んでいるような印象を受けた。
ある首長は大まじめのシリアス路線で、別の首長はギャグ満載。
何れが良い・悪いという話ではなく、それぞれの個性でもあるのだろうが、混乱する観客も居るだろう。
どのような路線でも良いが、各首長に共通軸のようなものがあったほうが、舞台にも締りが出て来るに違いない。
密かに「憲章」は、その共通軸的な存在になるよう期待されたものと思っていたのだが、少なくとも現時点では、単なる寄せ書き的な仕上がりに止まっているようだ。

テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

遅刻には気をつけます(._.)

No title

今回は入場できずに残念でしたね。
観客はただ傍聴しているだけなので、自動ログアウトにも要注意です。
プロフィール

Roland Rampant

Author:Roland Rampant
Ultima Online のVoid Pool での波数記録等を記事にしています。
単独或いは少人数チームでの目標設定にご活用下さい。
どなたでも、コメントに記録を記入して頂けたら、事後記事として掲載します。

最新記事
カテゴリ
参加人数別
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
オンラインカウンター
現在の閲覧者数: