妄想暴走

ライブイベントに関する妄想を推し進めてみました。

まず、名前すら明らかになっていないヴォルフガング王の長男、行方知れずのアカラベス王家の最期の王については先の記事のとおり。
次に、The Lost Kingに先んじて行われたライブイベントThe Silver Gateですが、4つの宝石のうちの一つを入手するという点で共通したものでしたが、もう一つ類似点があるように思われます。

簡潔に言うと、「過去に実在した事が認識されており、かつ、その生死については明らかにされていない人物」への言及です。
The Silver Gateではグリムズウィンド兄弟の弟にしてネクロマンサー呪文を復活させたMordinが、The Lost Kingでは名前すら知られていないアカラベスの最期の王が、それぞれ「生死不明」として扱われています。

こうなると、第3、第4の宝石を集める過程でも、「実は行方不明」な人物が明らかにされ、最終的には総登場なんてコトがあったりなかったりするのかも知れません。
遠い過去の人物であっても、そこはタイムロードが直々に登場するぐらいですから、時間に関する常識にとらわれる必要もないでしょう。
個人的には、残り少なくなってしまったアバタール・コンパニオンの一人でも良いので、「実は・・・」的なアレでナニしてくれないものかと期待しているところ。
ブラックソン王が、葬儀済みの人物である事を考えると、それほど無茶な期待でもないかも知れません。

以下、ライブイベントTime of Legend の妄想エンディング

タイムロードは、その計り知れない知性により、ソーサリアの未来、つまり、ミナックスの脅威に曝される現在の状況を遠い昔に予見しており、アカラベスの盲目の予言者Owainにビジョンを授け、必要な時期に予言が人々の知るところとなるよう取り計らった。
また、将来、四つの宝石を用いたナニに必要となる四人の人物を、エセリアル虚空間的なアレに拉致監禁保護した。

ナニという使命を果たした四人は、シルバーゲートを開通させたタイムロードとともに、再びソーサリアを後にする。
ありがとう四人
さようなら四人
ソーサリアの窮地を救うために過去から現れた四人の英傑を見送るブリタニアン達の歓声は、いつまでも途絶える事がなかったとか途絶えたとか、言われたり言われなかったりしている。

テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Roland Rampant

Author:Roland Rampant
Ultima Online のVoid Pool での波数記録等を記事にしています。
単独或いは少人数チームでの目標設定にご活用下さい。
どなたでも、コメントに記録を記入して頂けたら、事後記事として掲載します。

最新記事
カテゴリ
参加人数別
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
オンラインカウンター
現在の閲覧者数: