スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【非UO】生きていても何も良い事がない

再発行クレカ未だ届かず。
UOのアカウント更新ができないので、3年ぶりぐらいにPS3の電源を入れた。
ソフトは未開封のままだったDark Souls with ARTORIAS OF THE ABYSS EDITION
前作のDemon's Soulsは、その特殊なゲーム性のため、大ハマリするタイプと、全く受け付けないというタイプに二分されていたが、これも似たようなテイストだ。
つまり、死にゲー中の死にゲー。
どのぐらい死にゲーかと言うと、電源を入れてNew Gameを選択すると、既に自キャラが死んでいる。
スペランカー先生でも「意味わかんない」と言ってコントローラーを放り出すレベルだろう。
それでも亡者のままゲームを進めていくと、蘇生する機会が用意されてはいる。
しかし、生者となっても、どうせ直ぐに死ぬことになるのだ。
基本的に、「初めて訪れる場所」や「初めて戦う敵」は、キャラクターをしっかり殺させるように作り込まれていて、「死んで学ぶ」ようなバランス設定は確信犯。
また、生者状態だと、PK(ダークレイスと呼ばれる他プレイヤーの操作キャラ)が「侵入」してくるので、ゲームを進行させる上で難易度が高くなってしまう。
普通のゲームであれば、自分のキャラクターは死なせたくないと思うものだろうが、このタイトルに限っては、「生きていてもどうせ良い事はないのだから・・・」と、ある種の達観を持ってしまう。

テーマ : DARK SOULS
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

No title

そんなゲームがあるんだw
非常に興味が・・

因みに、スペランカーは大好きです。

No title

ALOちゃん、こんばんは。
良いカンジで心を折られますよ・・・
プロフィール

Roland Rampant

Author:Roland Rampant
Ultima Online のVoid Pool での波数記録等を記事にしています。
単独或いは少人数チームでの目標設定にご活用下さい。
どなたでも、コメントに記録を記入して頂けたら、事後記事として掲載します。

最新記事
カテゴリ
参加人数別
最新コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。