スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正しいバケツの被り方

馬上槍試合では、ランスと盾の装備は必須としていますが、その他については自由です。
また、選手の装束は、よりバラエティに富んでいた方が、観客の目を愉しませることにもなります。
とは言え、アレンジするに際しては、基本の形を抑えておくのも無駄にはならないでしょう。
そこで、リアルな鎧パーツの組み合わせを幾つかご紹介します。

11世紀
11c.jpg
ベースは騎乗突撃戦法を生み出したノルマン騎士。
チェインメイルと顔が露出するタイプのヘルメットを組み合わせます。
下に向かうほどに先細りとなる盾は、やはり騎乗での戦闘を考慮したもの。
足先が露出してしまうので、献身の鉄靴を利用。靴を履くなら、ブーツではなく丈の短いものを。
これにサーコートを着せたいところですが、重ね着すると何故か二の腕が裸になってしまうので諦めました。

13世紀(1)
13c.jpg
ベースは十字軍の騎士。
グレートヘルム、所謂バケツの登場です。
プレート装備も部分的には用いられました。

13世紀(2)
13c2.jpg
槍試合に用いる兜には、日本の兜の前立てに相当する「クレスト」で装飾する場合がありました。本来はグレートヘルムの頭頂部に角などを付けましたが、ドラゴンヘルムで代用しています。

14世紀
14c.jpg
ベースは英仏百年戦争前期の騎士
バケツはまだ現役でした。
プレートの部位が増えています。

15世紀(1)
15c.jpg
ベースは英仏百年戦争後期の騎士
フルプレートの登場です。
歴史上では、フルプレートの登場とともに、騎士は盾を必要としなくなり、両手剣などを用いたようです。

15世紀(2)
15c2.jpg
バシネットバージョン。
クローズヘルムとともに、兜の完成形の一つです。
フルプレート時代の到来とともに、バケツは姿を消していきました・・・

テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Roland Rampant

Author:Roland Rampant
Ultima Online のVoid Pool での波数記録等を記事にしています。
単独或いは少人数チームでの目標設定にご活用下さい。
どなたでも、コメントに記録を記入して頂けたら、事後記事として掲載します。

最新記事
カテゴリ
参加人数別
最新コメント
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。