スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マラスの歴史

正邪の大陸(Age of Shadows)導入に際して公開されたストーリーの要約
参考: 正邪の大陸サイト

行方不明となっている冒険家の父親ブレビノール・グリムズウィンドを探すため、二人の息子グレインとモーディンはトリンシックから海路で西を目指すが、途中で激しい嵐に遭遇し、船もろとも渦巻に飲み込まれてしまう。

兄弟が意識を取り戻すと、そこは別世界の砂浜だった。
二人を見つけて介抱してくれたグレベル・ブランズマンとその娘のファラは、その地が「マラス」と呼ばれていることを教えてくれた。
更に、その父娘も、グリムズウィンド兄弟のように、渦巻に飲み込まれてブリタニアからマラスに漂着したという。
そのような人々は他にも居て、小さな集落を作って暮らしており、その中には兄弟の父親ブレビノールも居たが、数か月前に地図作りのための測量の旅の途中でクリスタル・エレメンタルに襲われて命を落としたと教えてくれた。

ブレビノールは、二人の息子を自慢に思っており、集落の人々に「グレインはブリタニアで最高の騎士になる。モーディンは世界をひっくり返すほどの魔法使いになる。」と話していたという。
その後、集落に落ち着いた兄弟は、父の志を受け継いで、マラスの地を二人で探検することを決心する。


兄弟の漂着した場所は、ゲートウォーター湖と呼ばれているが、AoS導入時のマラスにあった湖は、グレイブウォーター湖のみだ。
しかし、マラスをダーク・ファセットと呼んだクレイニンによれば、この地は巨大地震によって大地が切り崩され続けているらしいので、湖が一つ二つ消えても不思議ではない
そして、漂流者の名であった「グリムズウィンド」は、今や廃墟の名前として知られている。
つまり、このストーリーは、ブリタニアとマラスの間を自在に行き来出来るようなったAoSの遥か昔の物語ということになるだろう。
そして、ブレビノールの自慢話は、グレインとモーディンが、それぞれルナの騎士とアンブラのネクロマンサーの祖となったことを匂わせているように思われる。
或いは、ブリタニアからの漂流者が、未だルナやアンブラを発見するに至っていなかったということなのかも知れない。

テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Roland Rampant

Author:Roland Rampant
Ultima Online のVoid Pool での波数記録等を記事にしています。
単独或いは少人数チームでの目標設定にご活用下さい。
どなたでも、コメントに記録を記入して頂けたら、事後記事として掲載します。

最新記事
カテゴリ
参加人数別
最新コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。