ネクロマンサークエスト

今は廃止となっていますが、UOAoSでNecormancyスキルが導入された後暫くの間、PCを造る際にテンプレートでネクロマンサーを選択した場合、闇の奔流[Dark Tides]と名付けられたクエストがあったようです。
そのクエストでは、現在進行中のEMイベントに関係があると思われるVault of Secretsを訪れ、ルナとアンブラの確執を知ることになっていました。

古いコンテンツで、ネット上からそのスクリプトが消えかかっているようなので、和文と原文を追記形式でコピペします。

さて、今現在も、Vault of Secretsは結界に守られたまま存在していますが、パラディンの街ルナの中にあって、何故かネクロのスクロールが保管されています。
そして、アーク(聖櫃)の可能性もあると言われている箱は、二つありますが、何れも空っぽのようです。
このように厳重に保管している、その意味とは一体何なのでしょうか。
VauldofSecret.png

後述してあるクエストの中では、ある合言葉が記されたスクロールを護るためだったと言えますが、これらネクロのスクロールや箱も当時から存在していたようです。
また、テンプレートからパラディンを造った場合のクエストUzeraanの混乱[Uzeraan Turmoil]では、Fertile Dirt、Vial of Blood及びDaemon Boneといったネクロ秘薬集めを行うことになっていたようで、謎が深まります。



透き通るような青白い肌には深い皺が刻み込まれ、200歳は超えているだろうと思われるその老人は、こちらを振り向き半分酔っ払ったようにニタリと笑った。
その表情には、なにやらゾッとさせるものがあった。
少し間をおいて、老人は口を開いた…
ふむ。
なんだね、また邪法の力を望む新米ネクロマンサーか。
ほれ…もっとよく顔を見せろ…。
ほうほう…、これはいい!
お前の中から強い邪悪な力が滲み出ておる。
だが、我らの理念に敵対する勢力に立ち向かうためには訓練が必要じゃ。
正しい指導を受けることで、お前は伝説のネクロマンサーになれる。
お前はそう運命づけられておるのじゃ。
そして、その指導ができる者は、このワシ以外にはおらぬ。
Mardothはゆっくりと時間をかけて、鳥肌の立つような大きな笑みを見せた。
自己紹介をしておこう。
ワシの名はMardoth。
Necromantic Brotherhoodのギルドマスターじゃ。
ワシはネクロマンサーの邪法を学ばんとする者たちを指導するという責務を負っておる。破壊と腐敗と消滅の道は、決して平坦なものではないぞ。
もっとも邪悪にして、もっとも真剣な者だけが、死の奥義を極めることができる。
必要な訓練と道具は全てワシが提供する。
もちろん、修行中はそれなりに仕事をしてもらうことになるがな。
なーに、大したことではない。
方々で破壊や人殺しをしてもらうだけだ。
お前のように邪心に満ちた者なら、朝飯前の甘い「おめざ」じゃろうて。
どうするね?やってみるかね?
[An old man who looks to be 200 years old from the look of his translucently pale and heavily wrinkled skin, turns to you and gives you a half-cocked grin that makes you feel somewhat uneasy.
After a short pause, he begins to speak to you...
"Hmmm. What's this? Another budding necromancer to join the ranks of evil? Here... let me take a look at you... Ah yes... Very good! I sense the forces of evil are strong within you, child - but you need training so that you can learn to focus your skills against those aligned against our cause. You are destined to become a legendary Necromancer - with the proper training, that only I can give you.
Mardoth pauses just long enough to give you a wide, skin-crawling grin.
Let me introduce myself. I am Mardoth, the guildmaster of the Necromantic Brotherhood. I have taken it upon myself to train anyone willing to learn the dark arts of Necromancy. The path of destruction, decay, and obliteration is not an easy one. Only the most evil and the most dedicated can hope to master the sinister art of death.
I can lend you training and help supply you with equipment - in exchange for a few services rendered by you, of course. Nothing major, just a little death and destruction here and there - the tasks should be easy as a tasty meat pie for someone as treacherous and evil as yourself.
What do you say? Do we have a deal?"
Sobald man sein Angebot angenommen hat, antwortet Mardoth erfreut: ]

†クエストを引き受ける

それでよいのだ、我が弟子よ。
さて、挨拶はこの程度にしておこう。我らには無駄にできる時間などないのだぞ。
仕事が山積みだからな。
とくに、近頃幅を利かせておるあのパラディンどもじゃ。
やつらの待ち伏せには、さんざん手を焼いておる。
そこで我らNecromantic Brotherhoodでは、すでに我らの領地を侵食して久しいパラディンの軍勢に呪いをかけるため、上級デーモンKronusをWell of Tearsより召喚することを計画中じゃ。
だが、Kronusの召喚には、いくつもの闇の儀式を重ねてWell of Tearsにエネルギー与えてやる必要がある。
じゃが、Well of Tearsに正しくエネルギーを注ぎ込むための儀式を継承している者がひとりもおらぬ。
そこでお前の仕事だ。
召喚に必要な儀式を記した巻物をひとつを探し出してきてほしい。
手始めに、Tomb of Eldersに眠っておられる偉大なるネクロマンサーMaabus様を訪ねるがよい。
Maabus様なら、その巻物のありかを記憶されているに違いない。
Maabus様のお話を伺うためには、当然、Maabus様をAnimate Deadの術で目覚めさせる必要があるのじゃが、あえて言うほどのこともなかろう。
墓へは、まずワシが立っているこの場所からすぐ西にあるテレポーターに乗り、転移後、道なりに進めばよい。
その先に墓所がある。
もうひとつ、言っておこう。
何か問題が生じたり、道に迷ったときは、慌てるでないぞ。
お前にHorn of Retreatを授ける。
これを吹けば、いつでもどこでもこの塔へ通じるゲートが開く。
角笛の魔法のチャージを使い果たしたときは、ワシのところへ持ってこい。
いつでも再チャージしてやろう。
頼んだぞ、同志よ。
["Excellent choice, young apprentice of evil!
I will not waste our time with pleasantries. There is much work to be done - especially in light of the recent Paladin ambushes that we have suffered. The necromantic brotherhood is working towards the summoning of the elder daemon Kronus, who will rise from the Well of Tears to help us finally crush the Paladin forces that have plagued our land for so long now.
To summon Kronus, we must energize the Well of Tears with a series of dark rituals. Unfortunately the rituals needed to sufficiently energize the Well of Tears have been lost to us. Your task will be to recover one of the ritual scrolls needed for the summoning.
You will need to find the corpse of Arch Necromancer Maabus, which has been laid to rest in the Tomb of Elders. We believe his spirit may have memory of where we may find the scrolls needed for the summoning. You will need to awaken him from the slumber of death, using your Animate Dead spell, of course.
To reach the tomb, step onto the magical teleporter just to the West of where I am standing.
Once you have been teleported, follow the path, which will lead you to the tomb of Maabus.
One more thing before you go.
Should you get into trouble out there or should you lose your way, do not worry. I have given you a magical horn - a Horn of Retreat. Play the horn at any time to open a magical gateway that leads back to this tower.
Should your horn run out of charges simply hand me the horn to have it recharged.
Good luck friend." ]

†マードスの館内にあるテレポーターを使用してTomb of Eldersの洞窟へ行き、Maabusの棺を対象としてAnimate Deadを詠唱。

背筋を這い上がるような甲高い声が周囲に響き渡り、Maabusの骸はゆっくりと起き上がった。
彼は、こちらに顔を向けると、突然怒鳴りだした。
無礼者め!私の眠りを妨げるのは誰だ!
Maabusはしばらくの間、怒りにまかせてわめき散らしたが、少し気分が落ち着いたころを見計らって、あなたは訪問の目的を伝えた。
それが、上級デーモンKronusの召喚に関することだと知ると、Maabusはようやく理解を示し、落ち着いた口調で答えてくれるようになった。
それならそうと、なぜ先に言わぬ、KronusをWell of Tearsから呼び出すには、まず長い闇の儀式を執り行わねばならん。
たしかに私は、召喚の儀式を記した巻物のひとつを所持しておった。
だが、卑怯なパラディンに待ち伏せを受け、無念にも生命を絶たれたときに失ってしまった。
おそらく、それはパラディンどもの光の都の近くにあるCrystal Caveに隠してあるはずだ。
この墓の隅にテレポーターがある。
それを使えば、Crystal Caveの近くに行くことができる。
よろしく頼んだぞ。
そして魔法が切れ、Maabusの骸は再び棺の中へ横たわった。
[Maabus emits an ear-splitting screech as his body reanimates. He turns and angrily screams at you.
"YOU INFIDEL! HOW DARE YOU AWAKEN MAABUS!?!"
Maabus continues to scream at you angrily for some time. As he settles down, you explain to him the purpose of your visit Once you explain that you are on a quest to summon the elder daemon Kronus, Maabus begins to cooperate, and begins to speak in a more reasonable tone:
"Well why didn't you say so? If you're going to raise Kronus from the Well of Tears, you must first complete a long series of dark rituals. I once owned one of the scrolls needed for the summoning, but alas it was lost to me when I lost my life to a cowardly paladin ambush near the Paladin city of Light. They would have probably hidden the scroll in their precious crystal cave near the city.
There is a teleporter in the corner of this tomb. It will transport you near the crystal cave at which I believe one of the calling scrolls is hidden. Good luck."
Maabus' body slumps back into the coffin as your magic expires.
Nun wurde man per Teleporter Tile wiederum an den nächsten Ort gebracht, nämlich direkt vor Horus the Guardian's Höhle, östlich des Stadttores von Luna.

†Tomb of Eldersの洞窟内にあるテレポーターでCrystal Caveに行くと、パラディンのHorus the Guradianが居る。

パラディンと思しき、どことなくくたびれた鎧をまとった老人が、Crystal Caveの入り口に立ち、ボンヤリと宙を眺めていた。
あなたは、彼に声をかけられたとき、初めて彼が盲目であることを知った。
そこであなたは、自分がCrystal Caveにある召喚の巻物を探しに来たパラディンであると、老人を騙すことにしたのだが…
ご機嫌よう!
そなたは、召喚の巻物を求め、このCrystal Caveに入ろうとしておられるのだな?
ふむ、しかし兄弟よ、そなたからは死と腐敗の匂いがする。
ネクロマンサーのごとき死臭と闇の影を発しつつも、我が通行の許可を得んがために、己をパラディンだと言い張るおつもりか?
いやいや、悪く思わんでほしい。
盲目のおいぼれなれど、拙者も上級デーモンKronusの魔の手から同志たちを守るという使命を負った身。
これまでも、幾度となく件の巻物を欲する輩から襲撃を受けておるゆえ、警戒に警戒を重ねておる次第だ。
ここの中へ入るためには、秘密の合言葉を宣べていただく必要がある。
合言葉は、パラディンの光の都LunaのVault of Secretsに収められておるScroll of Abraxusに記されておるので、それを見てほしい。
その合言葉のみが、そなたがパラディンであることの証明になる。
なぜなら、そこは神聖な防護の魔法によって、ネクロマンサーには決して入れぬようになっておるゆえな。
[An old man, dressed in slightly tattered armor, whom you recognize to be a Paladin stands before the Crystal Cave staring blankly into the space in front of him. As he begins to speak to you, you realize this man is blind. You attempt to persuade the blind man that you are a Paladin seeking to inspect the scroll of calling...
"Greetings Traveler!
You seek entrance to the Crystal Cave, home of the Calling Scroll? Hmmm. You reek of death and decay, brother. You reek of death like a Necromancer, but you claim to be a Paladin in hopes that I will grant thee passage into the cave?
Please don't think ill of me for this, but I'm just a blind old man looking to keep the brotherhood of Paladins safe from the clutches of the elder daemon Kronus. The Necromancers have been after this particular scroll for quite some time, so we must take all the security precautions we can.
Before I can let you pass into the Crystal Cave, you must speak to me the secret word that is kept in the Scroll of Abraxus in the Vault of Secrets at the Paladin city of Light. It's the only way that I can be sure you are who you claim to be, since Necromancers cannot enter the Vault due to powerful protective magic that the brotherhood has blessed the vault with." ]

†再びマードスの館に戻る

Mardothは期待に満ちた顔であなたの報告を待ったが、巻物の入手に失敗したと聞かされて…
失敗したと?それは無念無念…
ということは、パラディンのVault of Secretsへ潜り込まなければならんということじゃな?
あそこはネクロマンサーを跳ね除ける魔法のオーラで包まれておるからな。
まともな方法では入ることはできん。
じゃが、お前さんの使い魔ならそうとも限らんぞ。
Mardothは得意満面にSummon Familiarをあなたに伝授した…
それは、ゴミあさりを得意とするHorde Minionを呼び出す魔法で、彼らを使って巻物を奪い出そうという作戦だった。
よろしい。これで準備万端じゃな。
ワシが今立っている場所から西の方角にあるテレポーターに乗るとパラディンの都に出る。
輝くルーンの道をたどってゆけば、その先にVault of Secretsがあるからな。
あとは、ワシが言わんでもわかるじゃろ。
[Mardath looks at you expectantly until you tell him that you failed to retrieve the scroll.
You failed? Very unfortunate... So you must find your way into the paladin's Vault of Secrets, eh? Well, you won't be able to get in - there is a powerful magic aura that protects the Vault from all Necromancers. We simply cannot enter. However, that's not to say your familiar spirit can't.
Mordath grins with obvious satisfaction as he explains to you the details of the Summon Familiar spell to you... which will allow you to summon a scavenging Horde Minion to steal the scroll.
Very well. You are prepared to go. Take the teleporter just to the west of where I am standing to transport to the Paladin city of Light. Once you have arrived in the city, follow the road of glowing runes to the Vault of Secrets. You know what to do." ]

†マードスの館内にあるテレポーターを使用してLunaへ行き、Vault of Secretsまで歩く。

Vault of Secretsに到着しました。
ここにはネクロマンサーを排除する魔力が働いています。
あなたは不快感を感じ、今すぐここから立ち去りたい気分になりました。
すぐ目の前には数多くの巻物や本が並べられており、そのなかにScroll of Abraxusと記された一巻が見えます。
あれに、Crystal Caveへ入るための合言葉が記されていることは容易に推測できますが、オーラに邪魔され、ここからでは手出しできません。
さあ、いよいよ使い魔を召喚するときです。
使い魔はネクロマンサーではないので、オーラの影響を受けることなく、簡単にVault of Secretsに入ることができます。
Summon Familiarを使って、使い魔を呼び出してください。
[You have arrived in the Vault of Secrets. You can feel the protective magic in this place restricting you, making you feel nearly claustrophobic.
Just ahead of you and out of your reach, you see a collection of scrolls and books, one of them entitled "Scroll of Abraxus". You can only assume that this scroll holds the current password required to enter the Crystal Cove.
This would be a good opportunity to summon your familiar. Since your familiar is not a Necromancer, it will not be affected by the anti-magic aura that surrounds the Vault. Summon your familiar with the Summon Familiar spell.
Nun musste man den Horde Minion beschwören, der sich sofort die Scroll schnappen ging, mit der Meldung: "You instinctively will your familiar to fetch the book for you." In seinem Backpack liess sich dann die Scroll of Abraxus finden und herausnehmen.
Weiter gings dann folgendermassen:
You have obtained the Scroll of Abraxus, which contains the secret password needed to gain passage into the Crystal Cave where the Scroll of Calling is kept. Read the scroll (double click) and figure out the password.
One you have the password, return to the Crystal Cave and speak the password to the guard.
If you do not know the way to the Crystal Cave from the Paladin City, you can use the magic teleporter located just outside the vault. ]

†Horde Minionを召喚すると、Vault of Secretsに入り、Scroll of Abraxusを持ってくる。巻物には、このように記されていた。

Crystal Cave防衛について
今から約200年前。
森の戦いにおいて、ネクロマンサーMaabusから果敢に奪取したる、召喚の巻物を安全に保管するため、我々は万策を講じてきた。
この召喚の巻物は、古代デーモンKronusを眠りから呼び覚ます、闇の儀式の一部を構成するもの。
二度と、再びネクロマンサーの手に渡してはならぬ。
もし、彼らの手に落ちたならば、必ずやKronusの召喚にこれを用いることであろう。
Kronusの復活はすなわち、我らパラディンはもとより、全人類の最後を意味する。
然るべき理由において我らは、名誉ある北部軍団の前司令官Horus殿を、召喚の巻物を封印せしめたるCrystal Caveのガードに任命した。
Horus殿は最後に指揮を取られた戦闘の最中に、Urywenの木により魔法の力を吹き込まれ、永遠の生命を授かったという人物である。
だが気の毒なことに、代償として彼の目は光を失ってしまった。
Horus殿はCrystal Caveに近づく者を目視にて識別することができない。
そのため、秘密の合言葉を定め、これを知っているか否かによって相手を判断することとした。
Crystal Caveへの入場を望む者は、以下に記する合い言葉をHorus殿に伝えるべし。
Urywen
この合言葉は、決してHorus殿の面前以外では口にせぬよう心されよ。
あらゆる物陰に、我らが敵の耳があると思われよ。
以上である。
友よ、光と共にあらんことを。
- 同士 Melkeer
[Security at the Crystal Cave
We have taken great measures to ensure the safety of the Scroll of Calling, which we have so valiantly taken from the Necromancer Maabus during the battle of the wood nearly 200 years ago.
The scroll must never fall into the hands of the Necromancers again, lest they use it to summon the ancient daemon Kronus. The scroll of calling is a necessity in the series of dark rites the Necromancers must perform to once again re-awaken Kronus.
Should Kronus ever rise again, the days of the Paladins, and indeed humanity as we know it will be numbered.
For this reason, we have posted the honorable Horus, former General of the Northern Legions to guard the entrance of the Crystal Cave where we keep the Scroll of Calling. Horus was infused with magical life from the tree of Urywen during his last battle. The power gave him eternal life, but it also, unfortunately, took his eye sight.
Since Horus cannot see those he admits to the Crystal Cave, he will only allow those that know the secret password to enter. Speak the following word to Horus to grant you passage to the Crystal Cave:
Urywen
Do not speak this password anywhere except when seeking passage into the Crystal Cave, as our adversaries are lurking in the shadows - they are everywhere.
Go with the light, friend
- Frater Melkeer]

†Crystal Caveに戻り、Horus the Guradianに対しコマンドメニューから合言葉を伝える。

よろしい。
我が同志よ、これでそなたの身元は証明された。
通行を許可いたす。
だが、お気をつけくだされ。
洞窟には害虫が棲みついているとの噂を耳にしておる。
たしか、Lord Melkeerが害虫駆除のために部隊をよこしてくれることになっておったのだが、1週間待ってもまだ到着しておらん。
さては、Lord Melkeerはお忘れになったか。
もしよろしければの話だが、害虫を5匹駆除していただけたなら、拙者から褒美を差し上げたいと思うのだが、いかがだろうか。
いや、お忙しいであろうことは重々わかっておる。
お時間があればの話だ。
なので、あまり気にせんでいただきたい。
さあ、もうそなたはエネルギーバリアを通り抜けてCrystal Caveに入ることができる。
気をつけて行きなされ。
友よ、光と共にあらんことを。
["Very well Paladin, you have proven to me your identity. I grant thee passage.
Be careful however - I've heard that the cave has been infested with a vermin of some sort. Our high Lord Melkeer was supposed to send some troops to clear the vermin out of the cave, but that was last wee already. I fear that he forgot.
If you can find it in your goodness to dispose of at least 5 of these vermin in there, I shall reward your efforts. If however, you are too busy, and I would understand if you were, don't bother with the vermin.
You may now pass through the energy barrier to enter the Crystal Cave. Take care honorable Paladin soul. Walk in the light my friend." ]

†Crystal Cave内に入り、Scroll of Callingを取って出て来る。

洞窟の害虫を退治してくれたのだな。
いや、これはかたじけない。
さあ、約束の褒美を受け取ってくれ。
この袋には500ゴールド分のコインと、そなたの旅に役立つ、珍しい魔法の道具が入っておる。
達者でやりなされ、若きパラディン殿!
["I thank you for going out of your way to clean out some of the vermin in that cave - here is your reward a bag containing 500 gold coins plus a strange and magical artifact that should come in handy in your travels.
Take care young paladin!" ]

†マードスの館に戻る。

そうか、巻物を取り戻したか!
お前ならやってくれると思っておったぞ。
これがあれば、Well of Tearsで召喚の儀式を行うことができる。
この儀式で、Kronusを呼び出すための力を泉に与えることができるのじゃ。
さあ、我が愛弟子よ、ついにお前の大役を果たすときが来たのじゃぞ!
この塔のすぐ外から、赤いランタンの連なる道が延びている。
そこを進めばWell of Tearsに出る。
泉に到着したなら、巻物を使って儀式を執り行うのじゃ。
儀式を行うと、泉には力が満ち溢れ、Kronusの復活が一歩近づくことになる。
儀式が成功したなら、すぐに戻って来るのじゃぞ。
お前に相応の褒美をつかわすぞ。
["You have returned with the scroll! I knew I could count on you. You can now perform the rite of calling at the Well of Tears. This ritual will help charge the Well to prepare for the coming of Kronus. You are prepared to do your part young Necromancer!
Just outside of this tower, you will find a path lined with red lanterns. Follow this path to get to the Well of Tears. Once you have arrived at the Well, use the scroll to perform the ritual of calling. Performing the rite will empower the well and bring us that much closer to the arrival of Kronus.
Once you have completed the ritual, return here for your promised reward." ]

†Well of TearsでScroll of Callingを使用すると、ゲートが開いて儀式を止めようとするパラディンが出てくる。

まて!邪なる者よ!
貴様がその邪悪な儀式を遂行する前に、私が切り刻んでやる!
["You cannot escape me, knave of evil!"
I will slay you before I allow you to complete your evil rites!"]

†パラディンを倒してマードスの館に戻る。

よくやったな。
ワシはお前がここへやって来た瞬間から、お前には見込みがあると感じておったのじゃよ。
お前の中には、漆黒の闇よりも暗い邪悪な力が潜んでおる。
今にお前は、偉大なネクロマンサーになるじゃろう。
いや、それ以上かもしれん。
ワシがお前にしてやれることは、もうない。
卒業じゃ。
これからは世界に出て、我らの目的のために尽力してほしい…
おお…忘れるところじゃった、お前に褒美をやらねばな。
これは魔法の武器じゃ、それと2000ゴールド分の小切手をやろう。
無駄遣いはするなよ。
よいか?
もっとも、使う前に近くの銀行でCheckの換金をしなければならんからな。
店では現金しか使えんぞ。
お前のバックパックの中にenchanted sextantを入れておいてやったぞ。
これを使えば、今いる場所からいちばん近い銀行がわかるじゃろう。
さらばじゃ。
邪法の極みを歩まれよ…
["You have done as I asked. I knew I could count on you from the moment you walked in here!
The forces of evil are strong within you. You will become a great Necromancer in this life - perhaps even the greatest.
My work for you is done here. I release you from my service to go into the world and fight for our cause...
Oh... I almost forgot - your reward. Here is a magical weapon and 2000 gold for you, in the form of a check. Don't spend it all in one place though, eh?
In your pack, you will find an Enchanted Sextant. Use this sextant to guide you to the nearest bank.
Farewell and stay true to the ways of the shadow..."]

テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Roland Rampant

Author:Roland Rampant
Ultima Online のVoid Pool での波数記録等を記事にしています。
単独或いは少人数チームでの目標設定にご活用下さい。
どなたでも、コメントに記録を記入して頂けたら、事後記事として掲載します。

最新記事
カテゴリ
参加人数別
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
オンラインカウンター
現在の閲覧者数: