スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甦るKatalkotl展

私設博物館の展示内容を久しぶりに更新。
パンフレットは学芸員のBertが無料で配布しています。
甦るKatalkotl展

Special Thanks: ぱたさん
スポンサーサイト

テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

高利貸しのジャックは大きく頷いた

トリンシック港北側に、何やら催し物のセットが。
沢山並べられた椅子の列の中央にはバスタブ。
風呂を中心に据えての催し物とは、入浴ショー熱湯風呂の何れかでしょうか。
ドキムネフロ
(ドキをムネムネさせる男達とロボ)

テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

Ultima Offline -Kotl考-

Publish 94がリリースされてKotlの姿形が明らかとなった。
先の記事でイオドーンの谷と古代メソアメリカの関係性について触れ、爬虫類系とは予想していたものの、ブリタニアのリザードマンと酷似していたのは意外でもあった。

また、Publish 94では新たな謎も提示されている。
Kotl Artifactの中には、徳野諸島由来の「陣傘」やガーゴイル族しか装備できないものも含まれている。
これに対する辻褄の合うストーリーとしては、シルバーゲート開通以前に、Kotlがソーサリアとイオドーンの谷の間を往来していたというものだろう。

ここで一旦話を戻して、Kotlとリザードマンの相似について考えてみたい。
ソーサリアにおけるリザードマンは、自然発生した種ではなく、第一暗黒期にモンデインが造り出したものだ。
モンデインの魔力は、父ヴォルフガング王から受け継いだものだとして、リザードマンのようなキメラを作り出すバイオテクノロジーの知識はどのようにして得たのだろうか。
第一暗黒期に、モンデインはソーサリア外の生命体と同盟を結んでいたと言われ、時間移動の技術などと同様に、その同盟者から得たものとすれば、人工種のモデルとして同盟者の姿を借りたという可能性も考えられるだろう。

更にもう一つ、Kotlとソーサリアの関連性を疑うべき話がある。
イオドーンの谷の部族民の伝承では、彼らはKotlによって「連れてこられた」というが、「どこから」という部分は伝わっていない。
しかし、例えばBarrab族の戦士の具足が、徳野諸島の侍のそれと極めて似通っているのが偶然でないとすれば、自ずと答えは導き出されるのではないだろうか。

第一暗黒期、ロード・ブリティッシュが異世界から英雄を招く直前までに、ソーサリア全土は、幾つかの領主の砦を除き、須らくモンデインの支配下となっていた。
つまり、多くの人民の生死は、モンデインの望むままだったはずである。
「モンデインは、技術供与の見返りに同盟者に何を差し出したのか?」

現在、リサーチャーのもとへ、続々とKotl Artifactが集められているが、それらの遺物からKotlについて解かってきたことが一つだけある。
・好きな色:コバルトブルー
調査はかなり核心に迫ってきていると言えるだろう。

テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

何とかしないとな・・・

ご主人様が仰るには、Minocの厩舎でKotl Automatonの預かりを拒否されたとの由。
「預入れ数が上限だから」というのが調教師の言い分ですが、実のところ、得体の知れないロボを取扱いたくないというのが本音なのかも知れません。

「何とかしないとな・・・」
何とかしないと
(屋敷の天井に頭部がぶつかるKotl Automaton)

屋敷の中にも厩舎はありますが、巨大ロボを収めるにはあまりにも手狭。
しかし、必要な際には、直ぐに使える状態でなければ意味がありません。
これで良し

結局、屋根があって高さにも余裕があるということで、灯台を改装して格納庫にしたようです。

格納庫
(格納庫内透視図)

召喚クリスタルを使って呼び出すと、ここから射出(?)される仕組みだとか。
私が「そのとき、灯台の灯火の部分などはどうなるのですか?」と疑問を口にしますと、「アレだ、こう、なんてゆーか、パカッと行くな、パカっと」と、ザックリした説明。
怪訝な表情をしたせいでしょうか、「詳しく説明してやるから下に降りろ」と仰います。

バイルダー
「まずは、このホバーパイルダーに乗り込む」
と言いつつ、昨日まではPatrascheという名前だったバロキシマスのSwanp Dragonに騎乗。

バイルダーオン
「次に召喚クリスタルで"マジンゴー"したら、"パイルダーオン"するワケだ」
と言いつつ、実際にオンしているのはロボのほうで、股下から修理をするようです。

まるで「youがcanできるならdoしちゃいなヨ!」」と似たような、全く要領を得ない説明でしたが、長年お仕えしている経験から「良く分かりました」とだけ申し上げたのでございます・・・

テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

ハロウィン2016

ハロウィンPubが入ったので模様替え。

入り口に新旧パンプキンランタンと、常設NPCにハロウィンマスク。
階段の血のりが滑るので要注意。
HHW201601.jpg

ダイニングのメニューは、ハロウィンぽいのが見当たらなかったので、デザートのみカボチャ系に。
エビは生け簀からの獲れたてプリプリを使用。
HHW201602.jpg

私設博物館の展示品から飛び出すグール。
HHW201603.jpg

執事もマスクで応対。
HHW201604.jpg

屋上南側。揺れるアニメーションが欲しい。
HHW201605.jpg

屋上北側。カボチャを沢山拾って動けなくなった苦い思い出・・・
庭師にもマスクを被せようとしたら、もう在庫がなかった。
HHW201606.jpg

仕上げはNPCに例のキーワード設定。
HHW201607.jpg

テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

プロフィール

Roland Rampant

Author:Roland Rampant
Ultima Online のVoid Pool での波数記録等を記事にしています。
単独或いは少人数チームでの目標設定にご活用下さい。
どなたでも、コメントに記録を記入して頂けたら、事後記事として掲載します。

最新記事
カテゴリ
参加人数別
最新コメント
カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。