図書室からの仮説

関係する本
・A Politic Call to Anarchy(Lord Blackthorn)
・a Welcome(Lord Blackthorn)
・支援のお願い(不明)
・On The Diversity of our Land(Lord Blackthorn)
・a Glammer of Orcish (Yorick of Yew)


B卿については、以前、とある疑惑について口にした事がある。
例のスタンドは、改装前の城には無かったもので、卿の帰還以降に必要になったものと言える。
単に、長い不在間に「進行した」と見るのが妥当なところかも知れないが、「何事も疑ってかかれ」というのは、B卿の著作「A Politic Call to Anarchy」でも言われている事であり、他の可能性も検討する価値があるだろう。
それは即ち、B卿ロボ説だ。

衆知されているところでは、B卿は、行方不明となっている期間中、エクソダスに囚われていたとされ、その期間において卿が為したと思われていた全ての事は、B卿に似せてエクソダスが作り出した機械生命体(ロボB卿)の所為だったということになっている。

今、私の手元には、著された時期は違うものの、B卿の手になるものと思われる書物が複数ある。
例えば、そのうちの一冊「a Welcome」は、エクソダスに与する立場を取っていることが明白な内容となっていることから、真のB卿ではなく、ロボB卿の著作であると見ることができる。

さて、B卿が王位に就くにあたっては、ガーゴイル族に蔓延した病気の治療活動の功績が関係するが、その際に「支援のお願い」という書物が著された事を覚えている人も多いだろう。
「支援のお願い」は、治療薬の調合に必要となる素材などが記されたもので、具体的に、それら素材がテラサン、オーク、イルシェナーの各パラゴンなどから入手できることも示されている。
著者は不明とされているが、治療法を確立したのはB卿であり、B卿の手になるものであることは自明の理である。
つまり、当時のB卿は、身分を隠した上で、冒険者に対し「ガーゴイル族を病から救うために、テラサンやオークをぶっ殺して必要な素材を集めてくれ」とお願いしていたのだ。

その本を見たとき「ある種族を救うために他の種族を惨殺する」という点に胡散臭さを感じ取り、治療薬作りには一切関わらなかったが、その時自分の念頭にあったのは、もう一つのB卿の著作「On The Diversity of our Land」である。
B卿は、その中で、ラットマンやリーザドマン、オークといったブリタニアに住む知的生命との対話を勧め、虐殺を非難し、オーク殺しも殺人と同様の罪であるという考え方を示している。
また、対話を促進するために、ユーのヨーリックが著した「a Glammer of Orcish 」に献辞を寄せてもいる。
そんなB卿が、治療薬のためとは言え「支援のお願い」を書いたというのは信じがたい事ではないだろうか。

以上を簡単に図式化すると、次のようになる。
現在の王=「支援のお願い」の著者≠「On The Diversity of our Land」の著者

もちろん、B卿が変節漢であるという説を唱える事もできるが、変節漢説とロボ説の何れが正しいのか、その答えは例のスタンドにあると考えている。
ロボ説が正しいならば、私の見るところでは、少なくとも三種類以上の長さの異なるヅラが存在しているはずだ。
いくらB卿に似せて作られているとは言え、ロボの髪が伸びるはずもない。
幾つかの、長さの異なるヅラを周期的に装着することによって周囲を欺いているに違いない。

テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

ソーサリア創世神話 -The Bold Stranger-

今更ながら、T2Aで導入されたNPC本を蒐集。
導入当時は盗みでしか入手できなかったと記憶していますが、今は道具屋で簡単に入手可能です。

さて、UOの世界観の中に「神」は居ないと思い込んでいたところ、NPC本「The bold stranger」の中に、"the Gods"という言葉があるのを見つけました。

The bold stanger
by Old Fabio the Poor

In a time before time, the Gods that Be assembled a group of artisans, craftsmen and lore masters (for, yes, even in those days, art existed) to create the world of Sosaria. To this group, the gods gave a tiny world, Rytabul, in which to test their works, to see if they were of the quality desired for the true world in which they would be placed. And though the gods were tight fisted with their gold, this small crew worked hard and long, and were happy in their tasks.

A small corner of Rytabul had been claimed by the artisan Selrahc the Slow. Though he was not the fastest of the assembled workers, the gods smiled upon his work, even presenting him with a mystic talisman proclaiming his work the best among the newer artisans. And so Selrahc went about his business, creatin (sic) hundreds of designs which would one day add color and variety to Sosaria.

One day a stranger appeared to Selrahc. His chest was bare and he wore the trousers of the brightest green, and wherever he went, plants grew in his footsteps. This caused Selrahc no en (sic) of trouble, the stranger always looking over his shoulder, and the plants sprouting in places Selrahc required to ply his art. And so Selrahc approached the stranger and bade him speak. But this man in green remained silent. Selrahc pleaded with the stranger to give his name, and would he please leave Selrahc to his work. But this mysterious stranger remained mute.

This angered Selrahc mightily. Who was this silent man, interfering with tasks the gods themselves had entrusted to Selrahc? In an attempt to embarass this interloper, Selrahc stole his green trousers, leaving him naked and open to comments about his very manhood, and still the stranger would not speak, would not leave this tiny corner of Rytabul.

Vexed to his very limits, Selrahc took his war axe and smote the silent one mightily, again and again, until the silent stranger ran away, having never said a word, and never showed himself in Rytabul again.

 Thus endeth the tale of the bold stranger.


Google先生によれば、これはソーサリアの創世神話のようで、神々は、ソーサリアを創造するのに際し、技術者や賢者達を集め、Rytabulという小さな世界を与え、真の世界を創るのに必要な特性があるかを試したとか。
素晴らしい仕事ぶりを見せて神々の祝福を受けていた技術者Selrahc の元に、ある日上半身裸で明るい緑のズボンを身に付けた男が現れ・・・

とまぁ、そんな話ですが、登場人物の一人Selrahcを逆さに綴るとCharlesという名前になったり、Rytabulが発音的にはWritableと同じと思われるなど、Originによる開発開始当初の様子を寓話化したもののように思われました。

テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

ダブクリ考

UOの操作ではダブリクリックを多用する。
扉を開くのも、本を開くのも、獲物からのルート、即ち「身ぐるみを剥がす」という行為も、全てダブルクリックだ。
多くのプレイヤーにとって、何か判別の付かないアイテムを前にした場合「とりあえずダブクリ」というのは、ほぼ脊椎反射のレベルになっているだろう。
しかし、一度は冷静になって「このダブルクリック操作は何を意味しているのだろうか」と自問してみてもらいたい。
クスッ
(ほかほかのマシュマロダックを入手したバケツ)

ウサギの尻を執拗にほじっている自分に気付くかも知れないから・・・

テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

文庫公開

最近、ご主人様におかれては、私設博物館での「アバタール・コンパニオンと八徳展」を閉展させるにあたり、書籍類について、より長く公開できるようにと、図書室の一部を開放されました。
バケツ文庫

「Order of The Dragonfish Handbook」、「ガーゴイル女王年代記」、「Romanteic Selections」などのコレクションに加え、「予言の写本」や「Tales of Virtue」のように希少なタイトルも揃えられており、今後はテルマーの地で蒐集されている本の公開も目指しているとのこと。

テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

シャードトラベラー

H○○TERS Minoc店の内装の参考のため、Akasakaシャードへ。
大切な事なので二度書きますが、内装の参考のためです。
他意はありません。

そもそも、「スポーツバー」というカテゴリを表現するのに悩みましたが、カウンター内にバッグボールを飾ってお茶を濁すことに決定。
外観としては、オレンジ色のペンダントライトを採用。
また、店員の取り扱いアイテムも参考にさせてもらい、誕生日来店者向けのバースデーケーキと店員と同じユニフォームを追加しました。
赤坂

あとは、長期報奨で追加になったフクロウが欲しいところです。

テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

棚病

棚病。
日曜日のお父さんに多く発症例が見られる。
突然張り切りだしたお父さんが、「日曜大工」と言いつつ、やたらに棚を取り付け始めたら要注意です。
階段プランター

テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

女囚哀歌

ミノック銀行前のタウンクライヤーが言うには、ユー監獄に女スリ師が収監されたとか。
クライヤースリ

通常であれば、窃盗は裁判抜きで即死刑というのがロイヤルガードのやり口だが、今回に限って収監という方法をとったのは不思議なことだ。
興味本位でユーに行って見ると、そこにはVanessa The Thiefなる女性が囚われていたが、その環境たるや劣悪だ。
乾いたパン一つと水だけという囚人食は妥当というところだろうが、ペットとチェストのほかには、用をたすための手桶すらない。
劣悪監獄

即死刑よりも垂れ流しの方がマシという見方もあるかも知れないが、人道的に如何なものかと思わざるを得ない。
また、当然ながら、独房の唯一の出入り口である鉄格子の扉は施錠されているわけだが、男性の看守は、その扉の外ではなく、中に佇んでいた。
ロイヤルガード内での、ある種の「役得」ということなのかも知れないが、これこそが即死刑にしなかった理由なのだろうか。

タウンクライヤーの言葉を思い出し、「蝋」について尋ねてみることにした。
蝋使い

看守が近くにいては窮状を訴えることも儘ならないのか、Vanessaはただ、こちらを見つめ返すばかりだった・・・

テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

見えざる来訪者

看板メニューで確認できる来訪者数は、パブリックか否かによって異なるでしょうし、同じパブリックでも店や酒場の経営状況などによって変わってくることと思います。

さて、確かな数字ではありませんが、引っ越し前のパプリックハウスは、築4~5年の時点で来訪者数は300台でした。
ところが、新居はパブリック化10日未満なのに100を超えています。
20150315_104.jpg

より、ガード圏に近い立地に引っ越したとは言え異常な数字ですし、そもそも、ここ最近は特に内装いぢりで在宅機会が多いにも関わらず、知り合い以外のPCが入館するのを見たことが無いのです。

ちょっと不気味な千客万来です。

テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

日曜大工

製粉機は昔からあるアドオンですが、2タイル消費するため、前々から広い場所に引っ越したら設置しようと思っていたもの。
しかし、広ければ広いで、他にもアイデアが出てきます。

カスタムハウス全体のテーマとして「ガンコ親父のうどん屋」であれば、自家製粉に用いる製粉機は譲れないところでしょうが、結局ワインセラーに軍配が上がりました。
winecellar.jpg

うどんはうどん屋で食べることにします。

テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

ストライキと一子相伝

先日、海賊退治の雰囲気を盛り上げるために、ミノック港でNPC水夫を雇用しました。
そして、自宅でログアウトしたら、このザマ。
スト

こちらにも言い分はあって、捕縛した海賊の見張り(follow)を命じていたはずなのに、一夜明けてみたら、海賊は逃走し、水夫は水面を見つめるばかり。
給料泥棒です。
捕えた海賊をシーマーケットに連行するのには、時間制限があるとか。

次に一子相伝の話。
一子相伝
プレイヤーの高齢化が危ぶまれる中、神事に欠かせないご本尊オブジェ造りを継承してくれる人材を発掘しました。
左右のサイズが異なると、リアルさが増すように思われます。

テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

終の棲家

結局、最初の持家(Small Brick Tower)を建てたのと同じ場所に帰って来ることになり、これが最期の引っ越しになると思われます。
移築というか曳家というか、デザイン的には殆んど変えていないにも関わらず、ほぼ2週間をカスタマイズモードで過ごしました。
NewHouse.jpg

15×18→18×18で増えた分は階段と灯台に。
折しもミノックに港が新設されたこともあり、海岸沿いへの引っ越しで、灯台のニョッキリ感も少しは緩和されたでしょうか。
強制開花させた桜と、灯台の灯りに群れる虫達で春モードです。

テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

カスタム三昧

それはもう、「ログイン時のデフォルトがカスタマイズモードでも良いんじゃね?」とか思うレベル。

消しゴムの挙動を除けば操作性も優れていて、色々試してみたくなる。
惜しむらくは、各種建材パーツの要素が「形」と「色」に分かれていない点。
とは言え、染めタブのような仕組みが導入されていたら、それこそカスタマイズモードから抜けられなくなりそう。
実際、フローリング風の床パーツの「板目を合せる」というだけでも、軽くドーパミンが噴出していると思われます。

取り敢えず、倉庫区画の金満カスタムを終了しました。
ウンザリ

テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

プロフィール

Roland Rampant

Author:Roland Rampant
Ultima Online のVoid Pool での波数記録等を記事にしています。
単独或いは少人数チームでの目標設定にご活用下さい。
どなたでも、コメントに記録を記入して頂けたら、事後記事として掲載します。

最新記事
カテゴリ
参加人数別
最新コメント
カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
オンラインカウンター
現在の閲覧者数: