正しいバケツの被り方

馬上槍試合では、ランスと盾の装備は必須としていますが、その他については自由です。
また、選手の装束は、よりバラエティに富んでいた方が、観客の目を愉しませることにもなります。
とは言え、アレンジするに際しては、基本の形を抑えておくのも無駄にはならないでしょう。
そこで、リアルな鎧パーツの組み合わせを幾つかご紹介します。

11世紀
11c.jpg
ベースは騎乗突撃戦法を生み出したノルマン騎士。
チェインメイルと顔が露出するタイプのヘルメットを組み合わせます。
下に向かうほどに先細りとなる盾は、やはり騎乗での戦闘を考慮したもの。
足先が露出してしまうので、献身の鉄靴を利用。靴を履くなら、ブーツではなく丈の短いものを。
これにサーコートを着せたいところですが、重ね着すると何故か二の腕が裸になってしまうので諦めました。

13世紀(1)
13c.jpg
ベースは十字軍の騎士。
グレートヘルム、所謂バケツの登場です。
プレート装備も部分的には用いられました。

13世紀(2)
13c2.jpg
槍試合に用いる兜には、日本の兜の前立てに相当する「クレスト」で装飾する場合がありました。本来はグレートヘルムの頭頂部に角などを付けましたが、ドラゴンヘルムで代用しています。

14世紀
14c.jpg
ベースは英仏百年戦争前期の騎士
バケツはまだ現役でした。
プレートの部位が増えています。

15世紀(1)
15c.jpg
ベースは英仏百年戦争後期の騎士
フルプレートの登場です。
歴史上では、フルプレートの登場とともに、騎士は盾を必要としなくなり、両手剣などを用いたようです。

15世紀(2)
15c2.jpg
バシネットバージョン。
クローズヘルムとともに、兜の完成形の一つです。
フルプレート時代の到来とともに、バケツは姿を消していきました・・・

テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

安定期

第四期2回目の公演は、3名が欠席し、少し寂しい舞台となった。
ニューマジンシア首長は、評議会終了後に到着し、事後行われた、よりフランクな首長ミーティングの方には参加したようである。
開演時間が少し早いという意見も聞くが、全員に都合のよい日時を設定するというのも難しいのかも知れない。
何れにしても、欠席の場合は王室連絡官に通知しておかないと、王の不興を買うことになるだろう。

さて、トリンシック首長は一期目からの一貫した主張の展開で、ルナ騎士団を非難。
また、パンなどの日用品と高額なAF相場を対比し、近く大胆な経済改革案を発表するとのこと。
AFを引き合いに出さずとも、例えば、日給数gpのために命を賭ける戦士もいれば、嫁ぎ先までのエスコートに気前良く500gpを支払う令嬢もいるのがこの世界。
日雇い戦士にしてみれば、AFを売る商人も、資産家の令嬢も、雲の上に居るように感じるだろう。
経済改革案では、乞食や日雇い戦士にも、食べるために生きるよりもマシな人生を送るチャンスが与えられるのだろうか。

ムーングロウ首長からは私設オフィス建設と先ごろ実施された海上警備の報告。
政府の準備した公邸にはベンダーが置けないため、私設オフィスでは資金獲得のためのベンダー設置も行うとのこと。
海上警備では、一定の成果があったが、オーク船の積み荷の中に不審物があり、黒い天使が現れたとのこと。
何かの凶兆でないと良いのだが・・・

ミノック首長は、ブラックロックの小片の適切な廃棄方法について技術的な検討をしているとのことで、その成果はスカラブレイでの「ブラックロック勉強会」にも活かされる模様。
また、トレードマークの金色バシネットを脱ぐ場面があり、このレアショットの撮影に成功した人は幸運と言えるだろう。

スカラブレイ首長は、ブラックロック勉強会の実施についての報告。
勉強会に用いる小片の寄付は既に十分な量が集まったようである。
また、ミノック首長とのやり取りの中で、アーマゲドンの詠唱を匂わせる発言があった。
政令で明確に禁止されている事項でもあり、公選首長が違反したとなれば、その影響はかなり大きい。
テルマーとの間で協定化されていることも考えれば、王の面目も丸潰れとなり、今後の外交にも悪い影響を与えかねない。
ブラックロックにかけた、ブラックユーモアであることを祈るばかりだ。

ユー首長は特に積極的な政策はなく、市民側からのコンタクトを待っているようだ。
首長の滞在場所や時間を明確にしておくというのは、行政区域の広いユーでは有効なのかも知れない。


テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

子供の日川柳

端午の節句に係るEMイベントがアナウンスされています。
釣りスキルは人間保証しかないので「鯉釣り大会」は端から諦め、川柳をひねってみることにしました。

しかし、「子供の日」というテーマが意外に難しく、あれこれ考えながらイルシェナーを巡回していると・・・
柱の傷は

「ふたごかな? はしらのきずは えてぃんの子」

詠み人:会員№275@エティン福祉協議会 

解説:福祉協議会では、エティンの保護に努め居住区を巡回しています。そんな中、冒険者によって一家諸とも強殺された後の現場で詠まれたもの。涙なくしては読めません。

テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

「大和馬上槍試合大会 - Joust WGP in Yamato(仮称)」の進行詳細案

1.役割と略号
[受]=受付係/参加希望者を試合用ギルドに加入させる。
[設]=設営係/試合場及び観客席などの設営及び撤収を行う。また、必要に応じ、進行係と調整の上、設置物のリフレッシュを行うる
[進]=進行係/トーナメント表の作成、選手の会場への呼び込み、突撃の合図、得点の宣告・表示及び勝者宣言等を行う。
[投]=投票係/予め、投票券となる銘入りの服(種類は任意)を作成し、決勝戦前に希望する観客に販売し、販売数に応じた賭け率を算出して進行係に伝える。また、決勝後は、賭け率に応じて払い戻しを行う。二人必要。
[音]=音響係/飲む。とにかく飲む。歌が途切れたら負けだ。
[選]=選手
受付係、設営係及び進行係は開催上必須かつ兼務可。
投票(賭け)の導入は主催首長との調整による。

2.事前準備
[受]運営規則本の複製
[進]トーナメント作成ツールの入手と操作方法の確認
[設]設営資材の準備(荷役馬等を含む。)
[投]投票アイテムの作成と染色
[音]アルコール性飲料の準備(まだ飲み始めないこと)

3.開始まで(X=開始時刻)
X-30min
[受]ギルドメニューから、試合用ギルドを作成する。
[受]他のスタッフをギルドに加入させる。
[受]受付開始をアナウンスしつつ、参加希望者が現れたら運営規則を渡し、試合用ギルドに加入させる。(デフォルト設定が「ギルドには所属しない」であるため、解除のための操作方法をPDへ記載したりSayマクロにしておくのが望ましい。運営規則については末尾参照)
[進]逐次ギルドメニューを確認しながらトーナメント表を作成する。具体的な方法は末尾参照。
X-10min
[設]試合場の設営を開始する。(試合コース、観客席、選手控席、馬囲い、その他装飾など、センス次第で)
X
[受]受付締め切りをアナウンスする
[進]大会開始を宣言する。
[音]飲み始める。そして飲み続ける。

4.予選
[進]一次予選の組み合わせをアナウンスし、一次予選第一試合の選手を呼び込む。
[選]進行係の呼び込みに応じ、先に呼ばれた場合は赤サイドのスタート位置に、後に呼ばれた場合は青サイドのスタート位置に付く。
[選]相手が位置に付いたのを確認したら、戦闘モードで相手選手をターゲット指定するとともに、SpMディスマウントをセットする。
[進]両選手が位置に付いたら、準備完了を確認し、選手からの応答を得た後、爆発ポーションの投入で突撃開始の合図を行う。
[選]合図を確認したら、コースに従って疾走する。
[進]落馬が発生した場合は、スコアを宣言するとともに、手元のOSS(Optical Scoring System。見た目はランタン)を操作してスコアを表示する。
[選]何れかの選手が2ポイント獲得に至っていないか、同点の場合は、コース表示に従ってスタート位置に戻る。(事故防止のため、スタート位置への復帰の際は、相手選手や騎乗生物と接触しないこと)
[進]何れかの選手が2ポイント獲得するか、2ポイント以上の同点から得点差が付いた場合は、勝利宣言を行い、選手を退場させる。
・予選終了まで同様の進行要領
・予選が終了したら、3位決定戦を行う

5.休憩
[進]休憩と再開時間を宣言する。投票システム及び銀行前の券売所をアナウンスする。
[投]開催都市の銀行に移動し、投票券を販売する。(再開時間前に締め切る)
[投]総売り上げ額を各色投票数で割り、決勝戦進出選手2名それぞれの賭け率を算出する。会場に戻り、賭け率を発表する。

6.決勝戦と表彰
試合進行は予選と同様
[進]決勝戦終了後、1位~4位までの選手名と獲得チャンピオンシップポイントを発表する。(ポイントについては末尾参照)
[進]優勝者を試合場中央に呼び込むみ、自身又は別途プレゼンターを依頼している場合はプレゼンターから、賞品の授与を行う。
2位以下の選手に副賞を授与するか否かは、主催の懐次第。
[進]大会の終了を宣言するとともに、投票の払い戻しを銀行前で行う旨をアナウンスする。

7.後始末
[投]銀行に移動し、投票券の回収と払い戻しを行う。
[受]ギルドを解散する。
[設]資材の回収を行う。
[音]スライムを回収する。

■運営規則(案)再掲
【必須】
・選手は、大会中、運営側が一時的に用意する試合用ギルドに参加していること。(Tでの対人攻撃を有効化するため)
・選手は、対戦中、ランスと盾を装備していること。(控え中の装備に条件はありません)
・選手は、ランスのスペシャルムーブ「ディスマウント」が使用できること。(一定以上のマナが必要です。)
・選手は、エセリアル以外の騎乗動物に騎乗して試合を行うこと。
【禁止】
選手は、大会中、他の選手に対して如何なる呪文も使用してはならない。
選手は、試合で騎乗するペット以外のペットや雇用NPC等を試合場に入場させてはならない。(観客席等へステイさせておくのは可)
選手は、試合において、ランス以外の手段で相手選手を攻撃してはならない。(ペットにも注意のこと)
選手は、大会中、トーナメント戦以外において選手同士の私闘をしてはならない。(運営の許可を得た練習行為を除く。)
【推奨】
・Fencingスキル(ベストウェポンスキル付きのランスを用いる場合はその他の武器スキル)
・Paryingスキル
・防具強化材による回避値の向上
・かっこいい口上或いはさわやかな負け台詞
【開催地】
第1回開催 ブリテイン
第2回開催 ムーングロウ
第3回開催 トリンシック
第4回開催 マジンシア
第5回開催 ユー
第6回開催 ミノック
第7回開催 スカラブレイ
第8回開催 ジェローム
【その他】
・参加人数が多い場合は、先着順により上限を設ける場合があります。(長くても2時間程度で試合を終らせるため。)
・運営規則や試合ルールを遵守できない選手が居た場合、試合への参加・継続を拒否する場合があります。(試合用ギルドからの除名による。)

■トーナメント作成ツールについて
ベクターなどで、複数見つけることができる。殆どはエクセルを利用したもの。WEB上で作成できるものは、選手や観客も確認できる利点がある。
http://terus.jp/knockoutdraw/
http://tour-lewis.appspot.com/
http://betterbracketmaker.com/

■チャンピオンシップポイント
個々の大会において、1位~4位までの選手は、以下のポイントを獲得する。
1位: 10pt
2位: 8pt
3位: 6pt
4位: 4pt
年間シリーズの中で、ポイントは加算されていき、最終大会においては、当該大会の個別優勝者のほか、チャンピオンシップポイントによる総合優勝者(ちゃんぴよん)も決まる。

■ハプニング対応
例1「コネロスしていた。もう一度やらせてくれ」
スタート位置に付き、進行係の準備完了確認に対して応答した後であれば、受け付けません。それ以外は基本的に応じます。
例2「準備完了の応答が得られない」
コネロスや火災の発生が考えられます。再立ち上げ時間を考慮し、3分程度待ち、それでも応答が得られない場合は、相手選手の不戦勝を宣言するとともに、無事の鎮火を祈ります。

テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

バックパックの中身に個性は現れるか

バックの中から突然ソファを出したり、滅多に行かないような場所のルーンブックを常備していたりと、ドラ○もんみたいな人が多いなと感じる今日この頃。
狩りでも資材集めでも、身軽であることに越したことはないと思うのですが、かく言う自分の場合は、大量の包帯を持ち歩くため、改めて見ると、結構な重量になってるな・・・

backpack1.jpg
1.呪文書×4(騎士、Mag、SW、神秘)、秘薬ポーチ(各50)
2.RB×5(街、ダンジョン、ベンダー、友人など)
3.包帯、バラ花びら、オレンジ花びら、潜伏薬、転送袋
4.替え武器、エセ、替えタリス、APB

戦闘中など、急ぎでアクセスする必要のないものは下の方において、戦利品が真ん中に来るようにしています。
backpack2.jpg
5.例のワンド、ピッチャー
6.バラ、ペット召喚クリスタル、幸運壺、雪玉、BRの小片
7.RB×2(仕様頻度が低いもの)、建築ツール、内装ツール、斧
8.海戦用具、船、手漕ぎボート、世界地図

特色としては、人間保証を頼んだ呪文書の類やバレルバスター装備でしょうか。
薬を潜伏しか持っていないというのも、戦士系としては珍しいかも知れません。

テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

月刊「ブリタニア演劇界」増刊号

先日、ゲリラライブ的に行われた首長イベントに参加し、改めて面白いと感じた。

「謎解き」や「背景」といったキーワードにピクンと来る向きにとっては、トリンシック首長ニューマジンシア首長などが企画するイベントがお勧めだ。
前者については、最近立ち上げたブログで第2期までに実施した分の解説を始めたので、途中からでも取っつき易くなっている。
トリンシック騎士団の再興というテーマに、旧約聖書などにからめたオカルト要素が入り込む、「ダヴィンチコード」的な知的探求のエンターテインメント。
後者については、よりUOの歴史に寄り添ったもので、BNNなどでマジンシア関連の過去ストーリー、特に「二面性のクリスタル」や「ブラックロック」などについて押さえておくと、より愉しめる仕掛けになっている。

専任EM休業期間中は首長イベントも中止するものと思っていたが、PCイベントとして進められる部分は実施していこうという考えらしく、首長間連携も図らているようだ。
ただし、タウンクライヤー機能が利用できない場合のアナウンス要領については、改善の余地があるだろう。
また、State of UOでは、5月のパブリッシュで「イベント用(施設)のライブラリ構築」について言及されたようなので、EM復帰後はますます愉しくなりそうだ。

ストーリー性があり、かつ間欠的に実施されるイベントの良い点は、オフラインの時間も愉しめるところにある。
銀蛇自警団も同様だったが、イベントそのものは2時間程度で終わるものの、自分なりに考え、或いは想像し、答えを導き出すのには、それ以上の時間を要する。

ライブ+オフラインというゲームスタイルは、TRPGとPBMの良いとこ取りをしたようなもので、万人向けとは思わないが、食わず嫌いというだけなら一度は試してみる価値があるだろう。

テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

航海日誌

4月19日 晴れ

2228
先の評議会で、新任のムーングロウ首長であるJimmy閣下が懸案事項としていた海賊問題について、具体的な行動がとられることになった。
安全な航路を確保するための海上警備である。
急な召集ではあったものの、Jimmy閣下の元に10名の有志が駆け付け、その中にはトリンシック首長とニューマジンシア首長の姿もあった。
公海の安全は、街や地域の枠を超えた課題であるとの問題意識が共有されているのだろう。
総員11名のクルーが戦列艦H.M.S. Minoc号に乗り込むと、早速艦長から配置の指示があり、各砲座に砲術士が割り当てられ、自分は航法士として舵を握ることとなった。
また、艦長指示とは無関係に、装填棒の代わりに釣り竿を握りしめる自由気ままな釣り師と、甲板にソファを持ち出してくつろぎ始めるマダムも同乗していた。
目を合わせたら、冷えたカクテルなどを要求されそうな雰囲気だ。
世の中は、基本的に不公平に出来ている・・・

2236
出港間もなく、水上レーダーに艦影が確認された。
艦長に報告すると、接近の指示。
戦列艦のセオリーに従い、万一の場合は最大火力が発揮できるように舷側を近づけていくと、間もなく商船であることが識別された。
艦長は離脱を指示したが、砲術士達はあからさまな反抗の態度を見せる。
要は「ぶっぱなさせろ」という事だ。
そのようにして、血気盛んな乗組員を宥める場面が2度ほどあったが、元より傭兵隊の副隊長でもある艦長にしてみれば、手慣れたものだったのかも知れない・・・

2253
シーマーケットの沿岸警備隊詰め所に立ち寄り、情報収集をすると、ジェローム東海域の座標で海賊船が目撃されたとの話が聞けた。
一旦は、ジェロームへ船首を向けたものの、ふと、艦長がムーングロウで見かけた海賊船の根城がロストランド側にあるのではないかと思い、サーペンツピラー経由を提案した。
結果的に判明したのは、「サーペンツの眼が可愛い」という事だけだったが・・・

2300
ジェローム東海域に入ると間もなく、水上レーダーに複数の艦影が確認された。
下手をすると、周囲を囲まれて集中砲火を浴びかねない。
艦長からの各個撃破の指示に従い接舷させると、直ぐに砲術士達が砲撃を開始。
航行不能となるまで砲撃を続けた後、白兵戦の指示が出され、砲術士達と一緒にロープを伝って海賊船に乗り込む。
海賊達は最後まで抵抗を続けたが、白兵戦においても圧倒的な戦力差で、直ぐにカタが付けられた。
勝利に意気高揚した乗組員達は、鹵獲品である密造酒の栓を開け、次々に飲み干していった・・・・

2329
オーク戦の討伐を終え、離脱しようとすると、未だこちらに戻っていない乗組員がいるという。
残っていたのは、ニューマジンシア首長で、積み荷の中に、何かを見つけたらしいが、酒のせいで呂律が怪しい。
すると、オーク船の甲板上に、忽然とthe harbingerが姿を現した。
なんとか討伐には成功したものの、オーク船の積み荷の中に「金の霊魂の結晶」があったというのは不可解だ。
可能性としては、その危険性を知らされないまま、何者かの指示によって輸送している最中だったというところだろう。
harbingerは、先駆者或いは先触れの意を有し、普通、その役割は、王や軍団の到着を予告し、宿の手配などをすることだ。
あのような怪物を小役人扱いするような軍団が存在すると考えるだけで恐ろしいが、それをブリタニアに招き入れようとする者がいるということなのだろうか・・・

テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

もやもやクエスト

クエストは探求の旅。
もやもやと言うのは、探求の対象が不明確だから。
つまりは、「グロリアスサンダー」の謎に挑むものです。
謎というのは大げさかも知れませんが、グロリアスサンダーをWクリックすると、「・・・・・・しかし、何も起こらなかった。」というメッセージが出るのです。
UOHS導入時、公式サイトでもこの事に触れられていたことから、意図した仕様であってバグではない、つまり、イースーターエッグの類であることが疑われます。
nothing.jpg
(もやもやしているバケツ)

「特定の場所」でのみ使用効果が明らかになるのではないかという、根拠の無い仮定に基づき、いろいろな場所でクリック、クリック。
海ボスからの戦利品ということで、海上(船上)や島などを中心に効果を試していますが、真相は未だ不明のまま。
場所とは関係なく、ラマボルテックスのように「Wクリックすると、1000回に1回の確立で云々」というような、他のアプローチもあることを思うと、かなりもやもやします。
更に、「実は使用効果は実装されていない」という可能性が脳裏を過る瞬間のもやもや感は、他に例えられないものがあります。

使用効果が実装されていたとしても、これまでのイースターエッグのように、簡単には見つからないだろうとも思っています。
AFであるグローリアスサンダーのドロップ率が低いのは仕方ないとしても、それ以前に、白網大量投入という最初のハードルがかなり高いですし、もしドロップしたとしても、プロパがナニなもので、所謂セキュアの肥しとなってしまう場合が殆どと考えられるからです。
個人的な妄想の中では、それらのマイナス要因こそ、UOHS導入から4年目に入っても、イースターエッグが発見されていない理由なのではないかと、もやもやしています。

また、更にもやもやを掘り下げれば、これまでのイースターエッグでは、開発側からヒントめいた情報は提供されておらず、公式サイトに”(使用すると・・・?)”と謎かけのような記述があるのは異例です。
イースターエッグを仕掛ける側の立場で考えれば、簡単には見つかって欲しくないとという思いと、いつかは見つけて欲しいという矛盾した思いがあるものと考えられますが、グロリアスサンダーについては、「使う」というヒントを与えなければ、何年経っても見つけられないだろうという予測があったのではないでしょうか。

何もかもが妄想や推測に基づいたもやもやクエストに、終わりの日は来るのでしょうか・・・

-参考情報-
・UOHS追加AF(Oseiredon固有)
・英語名称: Illustrious Wand of Thundering Glory
・グラフィックは普通のWandと同じ
・プロパは以下のとおり
重量: 1
条件: 未踏の航路
詠唱可
追加効果: Lightning 40%
命中: +5%
速度: +10%
武器ダメージ: 50%
カオス: 100%
武器ダメージ: 9 - 11(DPS 5.25)
速度: 2.75s
装備STR: 5
片手武器
スキル: Mace Fighting
耐久性: 255

テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

匿名希望さんへ

コメントありがとうございました。
確かに、ここ暫らくの間、Voidpool関連記事を全く書いていませんが、仰るように興味を失ってしまったわけではなく、リアル都合(週末プレイヤー化)によるものです。

また、EMサイトにおいて、昨年の結果が発表された際に「また来年、ボイドプールでお会いしましょう!」とあったため、今秋にも対抗戦があるものと思っています。
とはいえ、今からアップし始めると息切れしてしまうでしょうから、個人的には夏ぐらいから練習を始めたいと思っています。

その頃には、他シャードの練習状況なども視察し、ランキングも更新するかも知れません。
また、トップページに掲示しているように、どなたであっても、コメント欄を利用しての記録投稿は常時受け付けております。

テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

画竜点睛

自分なりには、結構凝ったつもりでいた厩カスタムですが、何かが足りないと感じていました。
beforeunchos.jpg
(Before)

干し草や熊手がそれっぽい雰囲気を出してはいますが、こちらの記事で、肝心なモノが欠けていることに気付きました。
afterunchos.jpg
(after)

木馬に生命が吹き込まれました。
また、これでこそ、熊手も活きてくるというもの。
例がアレですが、このような「見立て」が出来るようになれば、内装家に近付けるのかな。

テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

遠征計画

今週末は、既に第九回を数えるWakokuの馬上槍試合に出場予定。
これで三回目の遠征になりますが、一回ぐらいは優勝してみたいものです。

Asukaでは、バックパックアートコンテストの審査期間中らしいので、新キャラクターの投入を検討中。

テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

開発からの挑戦状

所謂イースターエッグの話しですが、過去には以下のようなものが発見されたようです。

AoS: リカー(酒)をオイルクロスで磨くと火炎瓶になる。
UOSE: ファンダンサーのドロップ品である折り紙を、酒に酔った状態で使った場合のみ「蝶」が作れる。
UOML: ブライテッドグローブに生息する黒ワニ(Thrasher)のドロップ品であるThrasherの尾が亜麻の束として機能し、織るとNecromancer Grayというレアカラーの布になる。[Pub37で修正され、現在は機能しない]
UOSA: ロットワームシチューを食べると、低確率でロットワームに変身する。チキンリザードの卵を孵化させると、低確率で酸ボスと同じグラフィックのチキンリザードが生まれる。

ほぼ偶然に頼るほか発見方法がないというのが、イースターエッグの面白いところ。
ラマボルテックスやムーンストーンアクセサリなどもイースターエッグの一つなのでしょう。

さて、UOHSは既に四年目に入っていますが、未だにイースターエッグは発見されていないようです。
もちろん、仕込まれていない可能性もあるでしょうが、個人的には幾つか気になっている事があります。

・束ねた干し草: 海戦戦利品として入手可能。農家で買える干し草と同じように草食系ペットに食事として与えることができますが、スタックするという点と、一つあたりの重さが半分という点が異なります。また、他の戦利品(保存食やお酒など)は、船の積み荷として自然なものばかりですが、干し草というのは・・・
warataba.jpg

・グロリアスサンダー: ボス戦利品で公式を見ると何らかの使用効果があるようなのですが、実際にWクリックしても、「・・・・・・・しかし、何も起こらなかった。」というメッセージが出るだけ。特定の場所でのみ機能するなどの隠し要素がありそうですが・・・

・コーガル島中央: オブジェクトハンドルで確認できますが、見た目は陸地なのに「水面」との表示。まさか、ナニかが釣れるなんてことは・・・

・ブレードフィールド: くるくるしてるだけなんて勿体ない。きっと4つ集めてカスタムハウスの屋根の四隅にロックダウンすれば、空も飛べるはず・・・

これらは、単なる思い込みだったり、バグでしかないのかも知れませんが、想像力が刺激されます。

テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

ドンドンパンッ!

何度か馬上槍試合をテーマにした記事を書いてきましたが、やはり文章ではその雰囲気までお伝えすることが困難なところ。

適切な資料映像かありましたので、紹介のために貼り付けます。


とは言え、面白そうだからといって、実際に行うのは危険が伴います。


疾走する馬と馬上のフル装備騎士のエネルギーが、ランスの穂先一点に凝縮されるわけですから、重大な交通事故級のダメージを受けることは必定。

故に、是非にUO内で愉しみたいものです。

テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

男のロマン

先日、オルゴール用歯車を集めているという記事を書いたところ、自宅ポストに嬉しい届け物があった。
sutek gear
(ポストを開けるバケツ)

自身では、ゴーレムのドロップ品で集めていたが、これは、アビスに実験室を構えるマッドサイエンティストのスーテック師のクエスト「完璧なタイミング」を成功させると入所できるタイプだ。

ドロップ品と異なり、入手時点では、どんな楽曲の歯車なのか全く不明だが、そこに男のロマンがあることを知った。

スクラッチ宝くじをコインでこする時、トレーディングカードのパッケージを開封する時、そして、雑誌の袋綴じページを開けるとき、高鳴る鼓動と噴き出すドーパミンを感じるアレだ。

オルゴールの歯車集めは、コンプリ欲と男のロマンを掻き立てる、恐るべきコンテンツだと言えるだろう。

参考知恵袋: 男の人はみんな、袋とじを開けたいですか? あれば開けますか?

テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

バレル・バスターの敗北と希望

ブリタニア水樽汚染対策委員会は、新たな問題に直面している。
この地では、ブレス属性でない限り、どんなオブジェクトでも地面におけることから、それを利用して内装などを愉しむ人も多いが、ロックダウンしなくても消えない水樽の性質を悪用し、観光地の落書きまがいの行為に走る人もいる。
そのような人物をして、樽の人(仮称)と呼称しているわけだが、最近、その悪質性を増してきているうようだ。

水樽事案は収束傾向を見せてきたが、その代わり、任意に置けて腐らないもう一つのオブジェクト「ブラックロックの小片」を多く見かけるようになってきたのだ。
この状況は、ワクチンが開発されたウイルスが、抗原性を進化させるのにも似ており、「樽の人NEO(仮称)」の発生には、ブリタニア水樽汚染対策委員会にも一因が帰せられるのかも知れない。

私の見る限り、特にロイヤルシティが狙われているようだ。
最初は、鉱夫のバックからこぼれ落ちたもので、他のファセットでも見かけるのと同様の事象だと思っていたが、ロイヤルシティでは、鉱脈から離れた場所で、しかも水樽と同じように、普通の方法では置けない場所で散見される。
例え小片と言えども、人口、いや、ガゴ口密集地域にあっては、ブラックロック汚染の被害に至らないとも限らない。

樽の人(仮称)と戦うバレル・バスターの仕事道具は、斧と空のピッチャーである。
斧が届かない場所であっても、その中の汚染水を汲みあげてしまえば、2時間程度で消失させることができるが、ブラックロックの小片相手では役に立たない。
バレル・バスターとしての活動に限界を感じ、他の人の知恵を借りることにした。
普通は置けない場所にオブジェクトを設置するというのは、一種の内装テクニックと考えられることから、内装にこだわりのあるカスタムハウスのオーナーに頼るべきだろうと、アパレル業界のaさん宅を訪ねると、そこへ運良く建築家のpさんも現れ、二人に相談にのってもらうことができた。

結果として、ロイヤルシティの地下(!)への入り方などを教えてもらい、自分では撤去できなかったブラックロックの小片を幾つか回収することに成功。
また、aさんが、過去の旅行経験から、樽の人NEO(仮称)が落書きまがいの行為を行いそうな場所を特定してゲートを開くと、高確率で水樽やブラックロックの小片が見つかった。
その、内装などの知識や卓越したプロファイリング能力には驚かされたが、新たな様相を見せ始めた環境汚染問題に対抗する、ブラックロック・バスター(仮称)誕生の瞬間に立ち会ったのかも知れない。

さて、昨年秋に施行された「ブラックロックの規制に関する政令」では、所持量の上限を定めるなどの規制がかけられているが、樽の人NEO(仮称)の仕業は、この法の網目をすり抜けてしまう。
政令の改正については、これまでもブラックロックに対して厳正な態度で臨んできたミノック首長に相談しようと考えている。

テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

道楽人

王城地下での侵攻防衛戦を終えた後、レアコレクターとして知られるPSYCHO氏主催のオシリドン退治に参加。
既に50枚近く投入されていましたが、総量は200枚というから驚きです。
レア収集という趣味もそうですが、なんとも豪放な道楽ぶり。
最終的に、100枚ほど投入されたところで、参加者も減り、時間も遅くなってきたので終了。
目出度くスモールフォージを入手できた人もいたようで、自分もHSAF「サンゴのブレスレット」をゲット。
富豪級のPCは他にも居ると思いますが、このような気前の良さを見せる人は他に見かけません。
本人自身がレアな富豪と言えるでしょう。

テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

注目のニューフェイス

八徳首長劇団第四期がスタート。
城に渡る橋の前で少し話しこんでいる間に、続々と人が通って行ったので、傍聴席は満員御礼かとおもいきや、実際にはこれまでで最も少なかったのではないだろうか。
他の傍聴者からステハイが潜んでいる旨教えて貰ったが、見えない人々でギュウ詰めだったのかも知れないが。

さて、第三期は殆ど活動の見られなかった本劇団だが、今期は期待できそうだ。
注目のニューフェイスはムーングロウ首長。
安全な航路の開拓に意欲があるようで、そのための海賊討伐を考えているらしい。
シーマーケットへの移動は、ニューマジンシア銀行付近から真東に進路をとるコースを使っているが、ムーングロウから南へ向かうコースには、海賊が跋扈しているようだ。
海賊と言えば、隠れるのに適した小島が多いジェローム港東の海域は実に危険だ。
航路開拓では、ニューマジンシア首長との連携は視野に入れているようだが、殆ど海賊に封鎖されているも同然のジェロームや、元海賊という経歴を持つトリンシック首長などとの連携があると良いかも知れない。

スカラブレイ首長は、近々ブラックロックに関する勉強会を催す模様。
また、馬上槍試合に興味があるようだったので、評議会外でワールドグランプリ戦の開催を打診してみたが、もしかすると首長イベントとして実現するかも知れない。

ブラックロックと言えば、今期も当選を果たしたニューマジンシア首長の動向が気になる。
田園調布にも例えられるニューマジンシアの首長のこと、ポケットマネーで他の都市の財政に寄付しているというのは一種の美談にも思えるが、riftと謎の関わりを有するだけに、その影響力を他の都市にも及ぼそうとしているような印象を受けた。

第三期に出馬しなかったため、隠居生活に入ったと思われていた海賊詩人がトリンシック首長に就任した。
秘書官も任命し、政策の遂行にも拍車がかかりそうである。
選挙戦は激戦だったらしく、ライバル候補のために発言機会を王に求めて許されたが、あの場面は分かりにくかった。
ムーングロウ首長が言ったように、それなりの票を集めたライバル候補の政策を取り込むというような話であれば、発言の意味もあったと思うが、過ぎ去った選挙戦の話に終始し、王も含め「ポカ~ン」状態だったのではないだろうか。
今回のように、首長は評議会の中で市民自身による発言機会を具申するということがあるかも知れないが、評議会慣れしていないであろう市民とは、事前に十分な通し稽古が必要だろう。

テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

ギャンブルをやって勝つ事の次に良いのは、ギャンブルをやって負ける事だ -Nick the Greek-

大和装乱の打ち上げバーベキューにお呼ばれしました。
感想などを述べさせて頂きましたが、観客参加型だったという点も特筆に値するでしょう。
馬上槍試合は、見ているだけでもそれなりに面白いものだと思いますが、観客参加型イベントにならないものかと考えてみました。

ブックメーカーというのは如何なものでしょう。
たった2回の槍の打ち合わせで1試合が終わってしまう場合もあるので、試合毎に賭けを行うことはスピーディな進行を妨げることになってしまいますが、決勝戦のみに限定すれば、10分ほどの休憩時間を設け、その間に観客は優勝すると思う選手に賭けることができそうです。

二人の裁縫師が、投票券の販売係となります。
それぞれの販売係は、予め銘入りのサッシュやローブなどを幾つか作り置きしておき、赤か青に染め分け、これを投票券として販売します。
一口の賭け金額にもよりますが、販売係の重量超過が発生しそうなので、販売所は開催都市の銀行前が良いでしょう。オッズ方式でやろうとすると難しいので、販売を締め切った後に、色別投票券の販売数に応じて、試合会場で賭け率を発表します。
例えば、赤の投票券が10枚、青の投票券が5枚売れたとすれば、赤色サイド選手の賭け率は1.5倍で、青色サイド選手の賭け率は3倍となります。
ブックメーカーの取り分はありませんが、端数が出た場合のみ実費として収入とします
投票券でもあるカラーの衣服などを身に着けて決勝を観戦すれば、応援にも、より熱が入るのではないでしょうか。

japan blue
(画像はイメージです)

テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

コレクター

集めようとしても中々集まらないものは、コンプリ欲を刺激します。
music gear
(バーテンダーに愚痴をこぼすバケツ)

オルゴール用のミュージック・ギアは、種類が多く、集まるほどにカブりも増えるというマゾさがたまりません。
「希少」や「やや希少」の方が入手困難なので、最後まで苦労するだろうと思っていたのですが、稀にPCベンダーで販売されていることもあって、イベント限定ギアを除いて全て集まりました。

真の難敵は、総数52種類もある「標準」のギアです。
このコンテンツが導入された当初であれば、PC間での物々交換で割と簡単に揃ったと思うのですが、今や最も集めにくいのが「標準」になっているのではないでしょうか。

希少性がないため、棺桶から拾われることすらないでしょうから、ベンダーサーチが導入されたとしても入手には結びつかないものと思われます。

コンプリまで残り4曲、ゴーレムにスタンを喰らって殴打されながら夢を見続けます・・・
・Battle on Stones
・Castle
・Generic Combat
・Vesper

<追記>
記事掲載後、不憫と思召した噛み様から、"Battle on Stones"と"Castle"を頂戴しました。
また、全部集めたと思っていた「やや希少」ですが、"Melisandes Lair"が未収録であることに気付いちゃいました・・・

テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

栄誉と利権

大和装乱に出演し、参加賞を頂きました。
内容は、ルニックハンマーや補強の粉末などで、優勝した方にも賞品を見せてもらいましたが、更に染料などが加わった上位版というカンジでした。
何れも、装備部門の賞品として相応しいもの。

WGPでも、馬上槍試合に相応しく、自己資金等で実現できそうなところを考えてみました。
・優勝トロフィー(武器刻印ツールで記名したランスなど)
・勇士の表彰状又はお好みのBAF(数に限りがあるので年間チャンピオンのみ)
・遠征支援(報奨盾による他シャードへの装備や訓練資金の転送(1往復)

更にパトロン(首長、貴族、豪商など)からの支援があれば、開催都市の紋章旗などが追加できるかも知れません。
更にEM支援が受けられれば、試合参加者名と結果を記録した本をリワードホールに展示してもらったりできるかも。

また、賞金ではありませんが、選手自身が個人的にスポンサーと契約を結んで収入を得ても、規約やルールに抵触するものありません。
広告活動としては2つのタイプを想定してます。
一つは、スポンサーの銘や店舗名が刻印された装備を身に着けるという消極的なタイプで、もう一つは、より積極的な口上タイプ。

「ぬぅ。流石に○○ショップで手に入れたランスだけのことはある。ちなみに○○ショップの座標は×××。メガストア様ありがとうございます。」という風に、勝利した場合だけでなく、

「アアッ!無念なり。こんなことなら、△△ショップでフュッシュパイを買ってドーピングしておくんだった。ちなみに(以下略)」と、負けた場合でも広告媒体としての価値は発揮できることでしょう。

テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

プロフィール

Roland Rampant

Author:Roland Rampant
Ultima Online のVoid Pool での波数記録等を記事にしています。
単独或いは少人数チームでの目標設定にご活用下さい。
どなたでも、コメントに記録を記入して頂けたら、事後記事として掲載します。

最新記事
カテゴリ
参加人数別
最新コメント
カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
オンラインカウンター
現在の閲覧者数: