侵攻川柳

Dairy Minoc紙 読者コーナーより

【被侵攻街編】
・ブリ→ペスパ 再びブリで 心折れ [鰤太郎]
・島・海に 湧いて長引く ベスパー戦 [ブロークンアロー]
・タイタンに 会える気がせぬ トリの街 [迷子騎士]
・Crierよ ブリトリベスパ 聞きたくない [聞か猿]

【軍隊編】
・援軍が 到着したよ 侵攻側 [ソリスト]
・市民軍 には見えないよ ペット軍? [KMN48]
・人だかり 真ん中きっと 杖将軍 [蔵書家]
・手漕ぎ船 あんた漢だ 俺待機 [傍観者]

【タイタン編】
・タイタンや 喧嘩過ぎての 棒乳切り [遅参公]
・タイタン戦 端から居たのに 間に合わず [空回り]
・タイタン杯 入賞目指す 徒競走 [トップランナー]

【シーフ編】
・盗まれた! でも何なのか 判らない [整理下手]
・戻ったよ! やはり何かは 判らない [整理下手]

【その他編】
・20分 インターバルは 親心? [カッコム]
・「非装備品」 そのモヤっとが 狂わせる [欲欲]
・terrified さっと飛び退く ウガアアア [タチサレ]
・newsnews newsnewsnnews newsnews [訊きたがり]

テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

~天使の訴えと悪魔の囁き~ SOSボトルのストック問題を考える

Dairy Minoc紙 コラム欄より

天使の訴え
おお、それはSOSボトルですね?
ボトルに入っているメッセージは、緊急の救難要請ですよ!
確かに、メッセージに書かれた日付は判らず、急行したところで救助は間に合わない場合もあるでしょう。
だからといって諦めず、一縷の望みをかけて直ぐに現場に向かうべきなのです。
それこそが人が歩むべき徳の道なのではありませんか?

悪魔の囁き
急行?
バカ言っちゃいけねーぜ
万が一救助なんてした日にゃ、こっちには何の得も無ぇってコトになっちまうだろ?
船の積み荷も遭難者も、確実に沈んじまうまで、少なくとも2~3日は放って置くこった。
取り合えずストックしとくようにすれば、良い事ずくめさね。
大量に貯め込んで、まとめて引き揚げれば時間のムダにもならねぇしな。
人間てのは結局、徳より得だろ?

テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

ケーランからの依頼について

Dairy Minoc紙 一面より

いくらSOSメッセージの場所でサルベージしても、"The Staff of Kalen's Apprentice"が引き揚げられないと嘆く方がいます。
これは、多くの場合、釣りの能力や運不運などの問題ではなく、ケーラン及びその周辺事情に関連する情報をしっかりと把握していない事に起因しているように思われます。
嘆く前に、まずエセリアルボイドにある各書籍に目を通し、その後改めてケーランからの依頼内容を確認してみましょう。
しっかりと確認できたなら、もう判ったはずです。
ケーランの弟子とその所持品を飲み込んだ海は、我々の暮らすソーサリアの海ではなく、ペイガン達の地モーゲイリンの海です。
ソーサリアの海をサルベージして、モーゲイリンの遺品を引き揚げるのは土台無理な話であり、嘆くことも無意味ということになります。
しかし、賢明な読者なら、こう言うでしょう。
「でも、ソーサリアの海で引き揚げた人もいる」と。
先述したように、The Staff of Kalen's Apprenticeは、ソーサリアの海に眠っているはずはないので、それは「引き揚げた」のではなく「引き揚げさせられた」ものです。
普通、「砂漠で針を落としたので探してきてくれませんか? ちなみに貴方がそれを探している間、私はここで鼻でもほじっています。」と頼まれたら、立ち去るか殴り倒すかといった反応が返すでしょう。
ケーランは、繰り返し殴り倒されながらも、不可能に思える依頼をし続けることによって、人を探して(選んでいる)のです。
そもそも、モーゲイリンの偉大な魔術師の一人であるケーランが、魚臭いソーサリアの釣り人にサルベージを依頼する必要があるでしょうか?
The Staff of Kalen's Apprenticeついては、とうの昔にケーラン自身がモーゲイリンの海から見つけ出しています。
そして、彼の眼鏡に適う魚臭い人物が現れたなら、その魚臭い人物の垂らす釣り糸に、The Staff of Kalen's Apprenticeを結び付けているのです。

テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

真実を語る者

Dairy Minoc紙 社説欄より

本紙の創刊以来、某王のヅラ疑惑やRoyal Guardの職務怠慢問題など、一貫して真実に正面から向き合ってきたと自負している。
しかし、ここのところ急激に売り上げ部数を落としているのが実態だ。
それというのも、全国紙BNNの突然の復刊に起因するところが大きいのだろう。
筆者は、政府の提灯記事ばかりを掲載し、体制寄りを隠そうともしないBNNが、ブリタニア唯一のメディアになることを恐れる。
真実は、時には耳に痛いこともあるだろうが、それ故に読者諸氏が真実を遠ざけるのを、更に恐れる。
本日の一面記事「ケーランからの依頼について」と、コラム「~天使の訴えと悪魔の囁き~ SOSボトルのストック問題を考える」は、何れも読者が厳しい真実に直面するものだが、どうか恐れずに読んで頂きたい。

テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

ミノックの英雄

Dairy Minoc紙 社説欄

ミノック市民の中に、彼を知らない者はいないだろう。
肉屋のケビン

普段は店の手伝いもせずに、ただ街をうろついているだけのように見えるKevin the Butcherは、ミノックの街に危険が及ぶたびに立ち上がってきた。
このような場合、市民の盾となるべきGuardたちは、毎度の事ながら自らの保身のみに専念し、あるいは侵攻など起きていないかのように振る舞っている。
そんな中にあって、Kevinは、愛用の肉切包丁のみを頼りに、果敢に敵の軍勢の前に立ちはだかっているのだ。
彼こそは、ミノックの街が象徴する「献身」の徳の体現者と言えるだろう。
筆者は、市民の全てが彼のように振る舞えるとは考えていない。
しかし、健康で武器を取れるにも関わらず、Kevinのみを戦わせておくならば、この侵攻を防ぎ得たとしても、子や孫に語るべき話を持たない老人になるだろう。
Rise the Minocian!

テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

プロフィール

Roland Rampant

Author:Roland Rampant
Ultima Online のVoid Pool での波数記録等を記事にしています。
単独或いは少人数チームでの目標設定にご活用下さい。
どなたでも、コメントに記録を記入して頂けたら、事後記事として掲載します。

最新記事
カテゴリ
参加人数別
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
オンラインカウンター
現在の閲覧者数: