ストーリー

マナに関する知識を得ようとして究極の知恵の写本 コデックスに拒絶された魔女コーラは怒り、全身全霊を込めた呪文をコデックスに叩きつけました。その力は凄まじく、コデックスの完全なる力をもってしても、数ページが引き裂かれてしまうほどでした。

この魔法による爆発は、場所をつなぐボイドにも穴をあけてしまい、コデックスが置かれていた演壇の破片によってつなぎとめられました。

コデックスから破られたページとコーラはその穴を通って空間を移動し、最後に到達した場所はコブトスダンジョンの中央でした。負傷し、マナをチャネリングする能力が低下したコーラは、ダンジョン奥深くに撤退しました。時が経ち、回復したコーラは、魔法で強化した手下を送りこみ、ボイドプール内でもっと多くの知識のページを手に入れようと企んでいます。

空間のねじれの影響により、ボイドプール付近では移動呪文類が使用できません。そこでコーラは遠距離からゲートを開いてダンジョンに手下を送りこまなければならないのです。

公式サイトより転載

テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

古びた手記(北ミノックの砲塁跡にて発掘)

Cora The Sorceress がCovetous を根拠地としてから、およそ1年の月日が流れた。
件の魔女は、日毎に究極の知恵の写本(Codex) の断片から更なる知識を吸収しており、何れはより強力な存在となってCovetous を後にし、ブリタニアを脅かし始めるだろう。

その時、魔女とその軍勢は、手始めにその矛先を何処に向けるだろうか?
Cora にとって、彼女の性質とは対極にある、献身の徳を象徴するミノックは、目障りな存在に違いなく、また、地理的な関係からも、その危険性は現実的なものに思われる。
そして、止まるところを知らない彼女の貪欲さは、結局、ブリタニアの全ての都市に向けられることだろう。

一方で、Void Pool 防衛戦への参加の呼び掛けに応じる者は、決して多くはない。
しかし、無数に押し寄せるCora の軍勢に対し、敵わぬと知りつつも雄々しく立ち向かい、その命を犠牲にすることすら厭わない彼らの姿は、献身の徳そのものの顕現ではあるまいか。
この、終わりの見えない防衛戦は、ただCora の計画を遅延させているだけに過ぎないのかも知れない。
とは言え、彼らがVoid Pool の前に立ちふさがる間に、王や諸都市は、彼の魔女と軍勢を迎え撃つ準備をすることができるだろう。

もしも、最終的にCora に打ち勝つことができたなら、Void Pool に命を散らせた献身の英雄達の名は、後の世にも語り継がれるに違いない。
私は、今日も防衛戦への参加を呼び掛けるつもりだ。
ブリタニアの人々に宿る、献身の徳を信じて・・・

テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

個人差があります

「秋の味覚と言えば、アロサウルスに尽きる。」
秋の味覚は恐竜

食欲の秋も本番。
"The Gourmet"の称号も贈られているご主人様に、この季節最も美味しいものをお尋ねしたところ、一瞬の躊躇いもなく、そうお答になられたのでございます。
最大級の爬虫類でありながら、食用に適するのはごく一部分で、わずか3切ればかりのあばら肉しか取れないのだとか。
変温生物の常として、アロサウルスもこの季節になると脂がのり、他の時期には味わえない絶品なのだそうでございます。

テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

食べ物を無駄にしないココロ

「ジャックオーランタンを彫っているのか?」
丁度、ハロウィンの飾り付けの準備をしているところにご主人様がお帰りになられました。
「はい。ハロウィンも近づいてまいりましたので。」
そうお答えしますと、「それは良いが、彫った後中身はどうする。まさか捨てるのではあるまいな。」と厳しいお言葉。
正直、ブチ捨てるつもりでしたが、「もちろんで御座います」と取り繕いました。
「ハロウィンだクリスマスだと浮かれるのも良いが、今この時も、住むところさえ見つからない難民が居ることを忘れてはなるまい。」
ご主人様の念頭には、テルマーのガーゴイル難民の事があるようでした。
二重国籍の疑いのあるガーゴイルたちが隆盛を極める一方で、そのような者ほど同族の困窮には無関心なように思えます。
「料理に使うなら、Eillen the Chiefに相談してみると良いだろう」
そう言い残すと、ご主人様は再びお出かけになられました。

「こりゃまた執事さんも沢山彫ったもんだねぇ」
調理場にカボチャを持ち込むと、Eillen the Chiefは飽きれたようでした。
「いや、中身は沢山あっても、ランタン彫りにはカブりという宿命があってだな・・・」
私の言い訳を遮って彼女が言います。
「どんどんお替わりしてもらうには、飲み物にするのが一番ね」
サイダートレイ

テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

侵攻川柳

Dairy Minoc紙 読者コーナーより

【被侵攻街編】
・ブリ→ペスパ 再びブリで 心折れ [鰤太郎]
・島・海に 湧いて長引く ベスパー戦 [ブロークンアロー]
・タイタンに 会える気がせぬ トリの街 [迷子騎士]
・Crierよ ブリトリベスパ 聞きたくない [聞か猿]

【軍隊編】
・援軍が 到着したよ 侵攻側 [ソリスト]
・市民軍 には見えないよ ペット軍? [KMN48]
・人だかり 真ん中きっと 杖将軍 [蔵書家]
・手漕ぎ船 あんた漢だ 俺待機 [傍観者]

【タイタン編】
・タイタンや 喧嘩過ぎての 棒乳切り [遅参公]
・タイタン戦 端から居たのに 間に合わず [空回り]
・タイタン杯 入賞目指す 徒競走 [トップランナー]

【シーフ編】
・盗まれた! でも何なのか 判らない [整理下手]
・戻ったよ! やはり何かは 判らない [整理下手]

【その他編】
・20分 インターバルは 親心? [カッコム]
・「非装備品」 そのモヤっとが 狂わせる [欲欲]
・terrified さっと飛び退く ウガアアア [タチサレ]
・newsnews newsnewsnnews newsnews [訊きたがり]

テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

先端に先端

オブハン必須
オベリスクの先端

テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

~天使の訴えと悪魔の囁き~ SOSボトルのストック問題を考える

Dairy Minoc紙 コラム欄より

天使の訴え
おお、それはSOSボトルですね?
ボトルに入っているメッセージは、緊急の救難要請ですよ!
確かに、メッセージに書かれた日付は判らず、急行したところで救助は間に合わない場合もあるでしょう。
だからといって諦めず、一縷の望みをかけて直ぐに現場に向かうべきなのです。
それこそが人が歩むべき徳の道なのではありませんか?

悪魔の囁き
急行?
バカ言っちゃいけねーぜ
万が一救助なんてした日にゃ、こっちには何の得も無ぇってコトになっちまうだろ?
船の積み荷も遭難者も、確実に沈んじまうまで、少なくとも2~3日は放って置くこった。
取り合えずストックしとくようにすれば、良い事ずくめさね。
大量に貯め込んで、まとめて引き揚げれば時間のムダにもならねぇしな。
人間てのは結局、徳より得だろ?

テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

ケーランからの依頼について

Dairy Minoc紙 一面より

いくらSOSメッセージの場所でサルベージしても、"The Staff of Kalen's Apprentice"が引き揚げられないと嘆く方がいます。
これは、多くの場合、釣りの能力や運不運などの問題ではなく、ケーラン及びその周辺事情に関連する情報をしっかりと把握していない事に起因しているように思われます。
嘆く前に、まずエセリアルボイドにある各書籍に目を通し、その後改めてケーランからの依頼内容を確認してみましょう。
しっかりと確認できたなら、もう判ったはずです。
ケーランの弟子とその所持品を飲み込んだ海は、我々の暮らすソーサリアの海ではなく、ペイガン達の地モーゲイリンの海です。
ソーサリアの海をサルベージして、モーゲイリンの遺品を引き揚げるのは土台無理な話であり、嘆くことも無意味ということになります。
しかし、賢明な読者なら、こう言うでしょう。
「でも、ソーサリアの海で引き揚げた人もいる」と。
先述したように、The Staff of Kalen's Apprenticeは、ソーサリアの海に眠っているはずはないので、それは「引き揚げた」のではなく「引き揚げさせられた」ものです。
普通、「砂漠で針を落としたので探してきてくれませんか? ちなみに貴方がそれを探している間、私はここで鼻でもほじっています。」と頼まれたら、立ち去るか殴り倒すかといった反応が返すでしょう。
ケーランは、繰り返し殴り倒されながらも、不可能に思える依頼をし続けることによって、人を探して(選んでいる)のです。
そもそも、モーゲイリンの偉大な魔術師の一人であるケーランが、魚臭いソーサリアの釣り人にサルベージを依頼する必要があるでしょうか?
The Staff of Kalen's Apprenticeついては、とうの昔にケーラン自身がモーゲイリンの海から見つけ出しています。
そして、彼の眼鏡に適う魚臭い人物が現れたなら、その魚臭い人物の垂らす釣り糸に、The Staff of Kalen's Apprenticeを結び付けているのです。

テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

真実を語る者

Dairy Minoc紙 社説欄より

本紙の創刊以来、某王のヅラ疑惑やRoyal Guardの職務怠慢問題など、一貫して真実に正面から向き合ってきたと自負している。
しかし、ここのところ急激に売り上げ部数を落としているのが実態だ。
それというのも、全国紙BNNの突然の復刊に起因するところが大きいのだろう。
筆者は、政府の提灯記事ばかりを掲載し、体制寄りを隠そうともしないBNNが、ブリタニア唯一のメディアになることを恐れる。
真実は、時には耳に痛いこともあるだろうが、それ故に読者諸氏が真実を遠ざけるのを、更に恐れる。
本日の一面記事「ケーランからの依頼について」と、コラム「~天使の訴えと悪魔の囁き~ SOSボトルのストック問題を考える」は、何れも読者が厳しい真実に直面するものだが、どうか恐れずに読んで頂きたい。

テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

羞恥プレイの強要について

先っぽを刺激すると勢い良く何かを放出するアレが欲しいだと?
何時間も持続するアレが、欲しくて欲しくてたまらないのか?
ふにゃっても翌日になれば、再び元気に復活するアレが?
しかし、アレでは判らんな
自分の欲しいモノをはっきり言うんだ!

という話ではなく、自宅にロックダウンするオブジェクトとして、例のオベリスクが不格好だなぁと思うわけですよ、奥さん。
他の調度品類とマッチする、スタチューみたいなサイズ感だったらよかったのにね。
とは言え、何時間も持続するアレの有無は、今後(Part V?)にも影響しそうなので、SOSでゲットしたTear of Seaを提供することによって完成した、知人宅のアレの先っぽを刺激することにしました。
結果、やっぱり自宅に置くのは、ある種の羞恥プレイだなぁ、と思ったわけです。

テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

プロフィール

Roland Rampant

Author:Roland Rampant
Ultima Online のVoid Pool での波数記録等を記事にしています。
単独或いは少人数チームでの目標設定にご活用下さい。
どなたでも、コメントに記録を記入して頂けたら、事後記事として掲載します。

最新記事
カテゴリ
参加人数別
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
オンラインカウンター
現在の閲覧者数: