ストーリー

マナに関する知識を得ようとして究極の知恵の写本 コデックスに拒絶された魔女コーラは怒り、全身全霊を込めた呪文をコデックスに叩きつけました。その力は凄まじく、コデックスの完全なる力をもってしても、数ページが引き裂かれてしまうほどでした。

この魔法による爆発は、場所をつなぐボイドにも穴をあけてしまい、コデックスが置かれていた演壇の破片によってつなぎとめられました。

コデックスから破られたページとコーラはその穴を通って空間を移動し、最後に到達した場所はコブトスダンジョンの中央でした。負傷し、マナをチャネリングする能力が低下したコーラは、ダンジョン奥深くに撤退しました。時が経ち、回復したコーラは、魔法で強化した手下を送りこみ、ボイドプール内でもっと多くの知識のページを手に入れようと企んでいます。

空間のねじれの影響により、ボイドプール付近では移動呪文類が使用できません。そこでコーラは遠距離からゲートを開いてダンジョンに手下を送りこまなければならないのです。

公式サイトより転載

テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

古びた手記(北ミノックの砲塁跡にて発掘)

Cora The Sorceress がCovetous を根拠地としてから、およそ1年の月日が流れた。
件の魔女は、日毎に究極の知恵の写本(Codex) の断片から更なる知識を吸収しており、何れはより強力な存在となってCovetous を後にし、ブリタニアを脅かし始めるだろう。

その時、魔女とその軍勢は、手始めにその矛先を何処に向けるだろうか?
Cora にとって、彼女の性質とは対極にある、献身の徳を象徴するミノックは、目障りな存在に違いなく、また、地理的な関係からも、その危険性は現実的なものに思われる。
そして、止まるところを知らない彼女の貪欲さは、結局、ブリタニアの全ての都市に向けられることだろう。

一方で、Void Pool 防衛戦への参加の呼び掛けに応じる者は、決して多くはない。
しかし、無数に押し寄せるCora の軍勢に対し、敵わぬと知りつつも雄々しく立ち向かい、その命を犠牲にすることすら厭わない彼らの姿は、献身の徳そのものの顕現ではあるまいか。
この、終わりの見えない防衛戦は、ただCora の計画を遅延させているだけに過ぎないのかも知れない。
とは言え、彼らがVoid Pool の前に立ちふさがる間に、王や諸都市は、彼の魔女と軍勢を迎え撃つ準備をすることができるだろう。

もしも、最終的にCora に打ち勝つことができたなら、Void Pool に命を散らせた献身の英雄達の名は、後の世にも語り継がれるに違いない。
私は、今日も防衛戦への参加を呼び掛けるつもりだ。
ブリタニアの人々に宿る、献身の徳を信じて・・・

テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

真実と向き合う時

Pub98の導入により、全てのプレイヤーに対して一つの真実が付きつけられることになりました。
それは、薄々気付いていても、正面から向き合いたくない類の真実です。
その真実から目を逸らそうと、あらぬ妄想を働かせる向きも見受けられますが、真実であるからには何れ受け入れざるを得ません。

・これ↓は何か?
荷車
結論から言えば、「荷車」です。
ただし、単一のオブジェクトではなく、スタックオブジェになっています。
これが荷車を意味するスタックオブジェであることは、次の写真から明らかでしょう。
T字型のハンドルが特徴的です。
荷車写真

・誰のものか?
山賊が自分たちの荷車に火を放ってキャンプファイヤーを愉しむことはないと断言することは出来ませんが、それと待ち伏せを同時に行うというのは矛盾します。つまり、山賊の荷車として設定されたものではないということです。
更に言えば、この荷車は、PCが荷物を奪われることによってフィールド上に出現し、取り戻す事によってフィールド上から消失します。

もう十分でしょう。
その真実とは即ち
-全てのPCは、常に荷車を牽いている-
牽く人

昨今のゲームでは考えられないことですが、基本仕様を前世紀から引き継いでいるUOでは、フィールド画面上の表示は、多くのものが割愛されます。
その割愛された表示にプレイヤーが慣れてしまい、PCの身長の何倍もあるトーテムポールを運ぶのに、逐一フィールド画面上にニョッキリと表示されなくとも不可解には感じないようになっているわけです。
20領ものプレートメイルをバックパックに入れることに違和感を抱かないのも、また同じ類の事と言えるでしょう。
ところが、Pub98によって荷物が奪われるというシチュエーションが導入されたことにより、表示しないで済ませてきた荷車が画面上に出てきてしまいました。

ダンジョン内の探索も、評議会の傍聴も、荷車をガラガラ牽いていくのがリアルなPCの姿です。
また、表示こそ割愛されているものの、その存在はPub98以前から、しっかりとシステムに組み込まれていました。
常時大量の物資を運ぶことが可能であることは元より、次のような点で明確でしょう。
・敵対Mobは遠方からでもPCの存在に気付き、逃げても視界外まで追ってくる⇒ガラガラと煩い音が立てるから・・・
・ハイドで隠れたつもりが簡単に発見される⇒荷車だけがポツンとあれば、そりゃあね・・・
・フリーズして動けなくなることがある⇒車輪がハマってるよ
・高く飛べない⇒ガーゴイル族も孵化した瞬間から荷車を牽いているんだ
・やたらにNPCからエスコート依頼を持ちかけられる⇒宅配のついでだと思われているよ
・結構荷物があると思ったけど一人で引っ越しできたまったなぁ⇒だろうね

結局のところ、ただこの真実を受け止めるしかないわけですが、目を逸らさず、より積極的に受け入れるという道もあります。
商社

それに、荷車牽いている方が、テントサイズのバックパックを担いでいると想定するよりも、遥かに現実的であるばかりか、ビジュアル的にマシと言えるのではないでしょうか。

テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

招かれざる客

採掘場から引きはがしはしたものの・・・
参ったな

テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

密会

Dairy Minoc 紙号外

ブラックソン王の行幸が迫る中、Minoc付近で王を見かけたという情報が複数件寄せられた。
正式な行幸日程も決まった折、わざわざお忍びで地方都市を散策に訪れるというのは考えにくい話。
故に、行幸を愉しみにするあまり、風貌の似ている人物と見間違えた市民が複数いた、というような事ではないかと疑ったことは許していただきたい。

密会

情報に基づき取材した結果、実際にブラックソン王がKendal山中に居るところが確認された。
それも、女性と一緒でだ。
記者が確認したところ、この女性は名家の令嬢といった人物ではなく、一般市民のようだ。
浮いた話の一つもなかったブラックソン王も、日焼けサロンに通いつめたのか見違えるような様子。

行幸の際には、目出度い発表があるかも知れない。

テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

私信: 某ゴキブリ当番へ

包帯の巻きあがりを見越して、解毒の先行詠唱とかサイコーですよ。
パーティ組まない成り行き集団で、他キャラの行動パターン読むとか凄いね。
今後ともよろしくお願いします。

テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

壁龕

壁龕(へきがん)というのは、像などの装飾品を飾るための、壁に造りつけられた窪みのこと。
外壁だとこんなカンジで、ゴシック建築の教会や聖堂でよく見られるアレだ。

壁龕

ありそうで中々見かけなかったカスタム壁龕。
同じスタチュー類でも、陳列ケースに飾るとマニアのコレクション風になるが、壁龕だと美術品に見える。
「荘厳のゴシック」の、正しい使い方の一つと言えるだろう。

テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

ご理解とご協力に感謝します

ブックトレードカフェに対するご理解とご協力に感謝します。
Book Trade Box

テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

デンス卿について

先日、ウルティマオンライン大和EMサイトにおいて、4月22日(土)22:00~「デンス卿の冒険日誌 その3」とのイベント日程がアナウンスされました。
前2話は、何れも2013年に実施されたものです。
・第1話: サン・ジョルディの日の朗読会へのご招待
・第2話: デンス卿の冒険日誌 その2 ~異聞 赤ずきん~

かなり期間が空いた事もあり、この記事では、前2話に参加していない方のための、おさらい的な事柄を

まず、デンス卿についてですが、汎シャード的には、UOML(邦題: 宝珠の守人)から導入されたクエスト「最後の言葉」に関係する人物です。
チェインクエストではありませんが、「最後の言葉」を請け負うためには、まずNujel'm 北東の端にある、観光洞窟「光晶洞」に入場するためのクエスト「摩訶不思議自然界」を受けなければなりません。
デンス卿クエスト1

すると、洞窟入口にいるチケット売りから、初めて「デンス卿」の名前を聞くことになり、PCに先んじて光晶洞に入った有名人だということを知ることができます。
デンス卿クエスト2

光晶洞に降りると、入り口付近は観光洞窟らしく整備されており、案内看板が幾つもありますが、その中の一つは、デンス卿が行方知れずになっていると伝えます。
デンス卿クエスト3

立ち入り禁止の看板を無視し、観光用区域から危険区域へ進んでいくと、大きな部屋の中に設けられた祭壇に、バラバラ死体があり、それがLord Graye Denthe、つまりデンス卿のものであることが分かります。
デンス卿クエスト4

その大きな部屋の中には更に「デンス卿の冒険日誌」が落ちています。
デンス卿クエスト5

ボス戦会場に入り、この本をWクリックすると、通常通りに本が開いて内容が読めるのではなく、やっと「最後の言葉」というクエストが始まります。

依頼
おびただしい量の血痕が付着した、デンス卿の冒険日誌を発見しました。彼の冒険が、こと細かに記されており、どの記述も興味深いものばかりです。この、光晶洞の秘密を解き明かそうとした偉大な人物の物語を、後世の人々に伝えるために、図書館へ日誌を寄贈しますか?


この依頼を受けて、ブリテイン図書館に居るVerity the Librarianに話しかけると、クエストの完了です。

シーッ!静かに!本は大切に扱ってください。そんなに汚して・・・そ、それは・・・血痕ですか?*怯えた目つきで み、見せてもらっていいかしら。・・・・・こ、これは。あ、あなた、この日誌にどれほどの価値があるものか、おわかりですか?どうか、これを受け取ってください。


ここからは、大和オリジナルのデンス卿の話です。

先述のとおり、UOML導入時点で既に故人であるデンス卿は、ソーサリア歴上では50~60年前の人物という事になります。
また、探索の途中で亡くなっており、その軌跡を記しているであろう「冒険日誌」が見つけ出されていない状況においても「有名」であることから、光晶洞に挑む前から、名の知られた冒険家であったとの推測が成り立ちます。
第1話は、プレイヤー参加のEMホールデザインコンペの落成記念に開催された、語り部ベティの朗読会用に、こちらもプレイヤーからのシナリオを募ったものですが、「サン・ジョルディの日」に因んで行われるものでした。
これらを考え併せ、デンス卿の人物像などを、セルバンテスの「ドン・キホーテ」から拝借することにしました。

続きは、第1回と第2回のシナリオです。
実際のイベント時には、改変・割愛されている部分もありますが、第3回前のおさらいにはなるでしょう。
なお、現在はプレイヤーからのシナリオ募集を停止しているため、第3回の内容は承知しておりません。

続きを読む

テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

確率変動

NPC本クエストをこなしていたら、2連続でコレクターズエディション。
ここまでは「偶然」或いは「ラッキー」ぐらいのカンジだったが、次もコレクターズエディション。
統計(俺調べ)上、版種別に次のような出現確率のはず。

無印版: 86%
コレクターズエディション: 9%
限定版: 4%
初版: 1%


初版を大当たりとすれば、コレクターズエディションは小当たりに過ぎない。
9%×9%×9%てことは、結果0.073%。
そうそうある偶然とは言えない状況だが、これまでに初版を10冊以上出していることもあり、「すごい偶然」と片づけることは出来た。
しかし、更に4度目のクエストでもコレクターズエディションだった。
0.0066%・・・

有り得ない数字になってきた。
低確率の事象を意図的に連続で発生させる仕組み、即ち確率変動が導入されていると疑われても仕方のない数字だ。
そして、NPC本クエストの直前には、DOOM新AFレシピ(Britches of Warding)が当たっている。
まさか、新AFレシピの当たり判定に、確率変動抽選が含まれているのか?

ゴクリ
生唾を飲み込んで、5回目のNPC本クエストを試した。
→無印版「夢と幻影」

オチまでつけるとは、流石に20年間熟成しただけの事はある。
やはりUOは、タダものではない・・・

テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

プロフィール

Roland Rampant

Author:Roland Rampant
Ultima Online のVoid Pool での波数記録等を記事にしています。
単独或いは少人数チームでの目標設定にご活用下さい。
どなたでも、コメントに記録を記入して頂けたら、事後記事として掲載します。

最新記事
カテゴリ
参加人数別
最新コメント
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
オンラインカウンター
現在の閲覧者数: