FC2ブログ

ストーリー

マナに関する知識を得ようとして究極の知恵の写本 コデックスに拒絶された魔女コーラは怒り、全身全霊を込めた呪文をコデックスに叩きつけました。その力は凄まじく、コデックスの完全なる力をもってしても、数ページが引き裂かれてしまうほどでした。

この魔法による爆発は、場所をつなぐボイドにも穴をあけてしまい、コデックスが置かれていた演壇の破片によってつなぎとめられました。

コデックスから破られたページとコーラはその穴を通って空間を移動し、最後に到達した場所はコブトスダンジョンの中央でした。負傷し、マナをチャネリングする能力が低下したコーラは、ダンジョン奥深くに撤退しました。時が経ち、回復したコーラは、魔法で強化した手下を送りこみ、ボイドプール内でもっと多くの知識のページを手に入れようと企んでいます。

空間のねじれの影響により、ボイドプール付近では移動呪文類が使用できません。そこでコーラは遠距離からゲートを開いてダンジョンに手下を送りこまなければならないのです。

公式サイトより転載

テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

古びた手記(北ミノックの砲塁跡にて発掘)

Cora The Sorceress がCovetous を根拠地としてから、およそ1年の月日が流れた。
件の魔女は、日毎に究極の知恵の写本(Codex) の断片から更なる知識を吸収しており、何れはより強力な存在となってCovetous を後にし、ブリタニアを脅かし始めるだろう。

その時、魔女とその軍勢は、手始めにその矛先を何処に向けるだろうか?
Cora にとって、彼女の性質とは対極にある、献身の徳を象徴するミノックは、目障りな存在に違いなく、また、地理的な関係からも、その危険性は現実的なものに思われる。
そして、止まるところを知らない彼女の貪欲さは、結局、ブリタニアの全ての都市に向けられることだろう。

一方で、Void Pool 防衛戦への参加の呼び掛けに応じる者は、決して多くはない。
しかし、無数に押し寄せるCora の軍勢に対し、敵わぬと知りつつも雄々しく立ち向かい、その命を犠牲にすることすら厭わない彼らの姿は、献身の徳そのものの顕現ではあるまいか。
この、終わりの見えない防衛戦は、ただCora の計画を遅延させているだけに過ぎないのかも知れない。
とは言え、彼らがVoid Pool の前に立ちふさがる間に、王や諸都市は、彼の魔女と軍勢を迎え撃つ準備をすることができるだろう。

もしも、最終的にCora に打ち勝つことができたなら、Void Pool に命を散らせた献身の英雄達の名は、後の世にも語り継がれるに違いない。
私は、今日も防衛戦への参加を呼び掛けるつもりだ。
ブリタニアの人々に宿る、献身の徳を信じて・・・

テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

ライブイベント「ハンボルトの願い」

前年の「失われたオベリスク」や2015年の「シルバーゲート」シリーズに比べると一話完結で淡泊ではあったが、新方式のクエストとライブイベントを絡めたのは新機軸。
以前は、ライブイベントと言うと、各都市のタウンクライヤーが一斉にアナウンスを始めたが、今回は新方式のクエストと同じ導入で、タウンクライヤーをWクリックして告知一覧を表示させる必要がある。
今後は、ライブも非ライブ(オルクル型或いはクエスト型)も、イベントの導入は共通になるのかも知れない。

■序章 名探偵(Gumshoe)の誕生
序章1
ペイガン信奉者の残党が騒ぎを起こしていると聞きつけ、Britain東に新設されたRGB(Royal Britain Guard)調査部のJusper捜査官に面会を求めた。
すると、他の仕事で手一杯だと言うJusper捜査官から、Britain墓場で起きている破壊行為と葬儀についての調査を請け負うことに。
Britain墓場に行くと折しも葬儀の最中で、墓堀人のGabrielから話を聞くとペイガンとの戦いに挑んで散っていった人々の墓が、何者かによって破壊されていると言う。
破壊された墓石を調べてみると、埋葬者の名がThomas Vilyumであり、出生がVesper、出身地がMoonglow、勤務地がYew、そしてBritainで没したとの墓碑が刻まれていた。
これらの街の墓には、それぞれ破壊された墓があり、その墓碑に刻まれた故人の名前を暗号として用いる隠し扉の奥には隠し部屋があった。
部屋に潜入して捜査すると、解読不能な不思議な本が見つかり、読めないまでもそのままスクロールに転記してJusper捜査官に報告することに。
Jusper捜査官によれば、その不思議な本の内容は暗号化された文章であり、Lycaeumの暗号学者に解読を依頼した結果、かつてPapuaに住んでいた賢者Humboltなる人物が手がかりになるらしい。
--------賢者Humboltとの会話--------
*幽霊のようなものは失望を隠さずにあなたを見た*
手に持っているのはチーズかい? なんてこったい!
そんなものどこにもないぞ!
*幽霊は樽の中で手を泳がそうと戻って行った*
あなたは自分が何者であるのかとなぜここへ来たのかを説明した。あなたの発する一語一句に幽霊は明らかに驚いている様子だったが、高まる期待と満足もまた彼の態度から明らかであった。幽霊は頷き、あなたにもわかる調子で話は始めた。

その通りだ。私が賢者ハンボルトだ。いや、だったと言うべきかな。お前さんが言っていることは憂慮すべきことだ。それはタイタンを信奉するカルトの仕業だ。そしてそれはだいぶ前に予言されていたことなんだよ。しかし千年の間に何も起こらなければ、多くの予言がそうであるように、私もこれらがいくらか誇張されていたんだろうぐらいに思い始めていたんだ。なのにああ!今になって予言は実現しようとしているらしい。

昔々、Khal Ankurという偉大な戦士が死と犠牲の上に成り立つカルトを率いていた。Khal Ankurもまたかように邪悪な教義の信者たちにふさわしい最後を迎えると、彼はロストランドの奥深くにある墓地に人知れず葬り去られた。4人の探検者たちが墓を発見するまで、私たちはそれが存在することすら知らなかった。予言は堕ちた星々はふたたびKhal Ankurをよみがえらせ、彼を闇に葬り去った勢力に立ち向かうだろうとしている。そしてこの星々の力によってKhal Ankurは不死となり、星々によって与えられた力によって君臨するだろうと。お前さんたちはKhal Ankurを決してよみがえらせてはいかん。さもなくばカルトたちがタイタンをふたたびこの世界に呼び戻すためにその力を使うに違いないからだ!これらの堕ちた星々はキャデライトという物質を豊富に持っており、これがKhal Ankurに途方もない力を与えている。腕のいい細工師を探すといい。キャデライトは危険で強力な物質で、細工師の力を借りなければ採取することはできない。キャデライトの影響下にある資源を用いて武器、魔法を強化し、有志の軍を募ることでお前さんたちはようやくこれらの脅威の息の根を止めることができるのだ。さあ、行くんだ。チーズを探さないとな・・・・・・パプアはなかなか面白い場所だ。
--------ここまで--------

賢者Humboltの話から、各地の墓所で生起している破壊活動が、より重大な事態の兆候であることを知り、Jasper捜査官への最終報告を行った。
Jasper捜査官は、捜査能力を高く評価し、RGB調査部支局名で信任状を発行し、更にGumshoeの称号を得ることとなった。
その後、賢者Humboltの話に基づいてキャデライトで強化した武器を携え、ダンジョンKhaldunへとカルトの討伐に赴くと、再会したJasper捜査官はほとんどこちらの事を忘れているようだった・・・
ジャスパー

■第一幕 Gumshoe達の招集
Jasper捜査官から招集がかけられている事をタウンクライヤーから聞き、Britainに赴くと、既に他のGumshoeや野次馬たちが集まっていた。
第一幕

[18/11/25][22:00:08] [Jasper the Inspector]: やあ諸君。
[18/11/25][22:00:15] [Jasper the Inspector]: 元気かね? トリンシックで強……いや、やめておこう。
[18/11/25][22:00:26] [Jasper the Inspector]: アーティファクトのコレクターの連続殺人が起こって以来、いろいろ忙しくてね。
[18/11/25][22:00:48] [Jasper the Inspector]: とはいえこう見えても任せられる範囲のことは部下に任せているつもりだ。
[18/11/25][22:00:51] [Jasper the Inspector]: だがしかし、今回の依頼は少し特殊なんだ。
[18/11/25][22:00:55] [Jasper the Inspector]: なぜかって?
[18/11/25][22:01:02] [Jasper the Inspector]: 依頼主が人間じゃないからね。
[18/11/25][22:01:10] [Jasper the Inspector]: じゃあエルフ族かって? いや、エルフ族でもガーゴイル族でもない。
[18/11/25][22:01:17] [Jasper the Inspector]: じゃあモンスターだろうって? いやいや! そういうことを言いたいのではない。
[18/11/25][22:01:23] [Jasper the Inspector]: つまり、相手は単にこの世のものではないということだ。モンスターだなんて失礼だぞ。
[18/11/25][22:01:29] [Jasper the Inspector]: だがしかし、否定もすまい。
[18/11/25][22:01:35] [Jasper the Inspector]: ある意味彼はモンスター級だ。モンスター級に偉大だ!
[18/11/25][22:01:41] [Jasper the Inspector]: だからこそ私は諸君の協力を仰ぎたいのだ。
[18/11/25][22:01:50] [Jasper the Inspector]: そして私の探偵としてのカンがこれは大事件だと繰り返し脳内で囁くのだ。
[18/11/25][22:01:55] [Jasper the Inspector]: だがしかし、決めつけもいかん。
[18/11/25][22:02:02] [Jasper the Inspector]: だがしかし、依頼主のところへ向かおうと思うんだが、ついて来てくれるかな?
[18/11/25][22:02:06] [Jasper the Inspector]: ついて来てくれるのならチャットチャンネルに入りたまえ。
[18/11/25][22:02:09] [Jasper the Inspector]: 21st Live だ。
[18/11/25][22:02:14] [Jasper the Inspector]: よろしいかな? 行くぞ!

■第二幕 賢者ハンボルトの願い
Jasper捜査官に同行してPapuaの港湾施設Pier 39へ行くと、賢者Humboltが出迎えてくれたが、相変わらずチーズに異様な執着を持っていた・・・

[18/11/25][22:02:45] [<39894648>Sage Humbolt the Ghost]: チーズ……チーズ……
[18/11/25][22:03:01] [Sage Humbolt the Ghost]: ああ……ありがとう
[18/11/25][22:03:10] [Sage Humbolt the Ghost]: ……チーズ、チーズ!
[18/11/25][22:03:21] [Jasper the Inspector]: 私の周りをあけてくれ
[18/11/25][22:03:46] [Sage Humbolt the Ghost]: ジャスパー殿、皆さま、ようこそいらっしゃった。
[18/11/25][22:03:53] [Sage Humbolt the Ghost]: ……チーズ、チーズ!
[18/11/25][22:03:58] [Sage Humbolt the Ghost]: ……ああ、まさかあのねずみが憑依してしまったのだろうか?
[18/11/25][22:04:04] [Sage Humbolt the Ghost]: 申し訳ないのだが、正気でいられる間に手短にお願いをさせていただこう。
[18/11/25][22:04:13] [Sage Humbolt the Ghost]: ラシアリとキルニアのリッチ兄妹にまつわる話だ。
[18/11/25][22:04:17] [Sage Humbolt the Ghost]: ご存知の通り、私は聖句箱の中のあの兄妹の心臓を食すことで絶命した。
[18/11/25][22:04:23] [Sage Humbolt the Ghost]: 使命は全うした。私はあの時点ではブリタニアを救った。そう自負している。
[18/11/25][22:04:29] [Sage Humbolt the Ghost]: そうだろう?
[18/11/25][22:04:33] [Sage Humbolt the Ghost]: ブリタニアを脅かすタイタン以上に、
[18/11/25][22:04:36] [Sage Humbolt the Ghost]: それでもなお私が成仏できずに彷徨う理由はいくつかあるが、
[18/11/25][22:04:39] [Sage Humbolt the Ghost]: 小さなトゲとなって私の心を蝕む気がかりがある。
[18/11/25][22:04:45] [Sage Humbolt the Ghost]: 瓶の中で焼かれて絶命したあるねずみのことだ。
[18/11/25][22:04:49] [Sage Humbolt the Ghost]: ご存知の通り、あの兄妹は幼少から魔法使いとしての英才教育を受け、
[18/11/25][22:04:51] [Sage Humbolt the Ghost]: 厳しい訓練によく耐えた。
[18/11/25][22:04:56] [Sage Humbolt the Ghost]: ある時彼らの母親がメイジギルドからフルタイムの家庭教師を迎えた。
[18/11/25][22:05:00] [Sage Humbolt the Ghost]: 家庭教師はウェルルという名の陰気な男だった。
[18/11/25][22:05:06] [Sage Humbolt the Ghost]: 彼はそれに見合うだけの価値が子どもたちにあると考れば
[18/11/25][22:05:09] [Sage Humbolt the Ghost]: 20時間机に向かわせることも厭わない男だった。
[18/11/25][22:05:13] [Sage Humbolt the Ghost]: 彼は自ら開発したハームの魔法の劣化版を兄妹の体罰に用いた。
[18/11/25][22:05:19] [Sage Humbolt the Ghost]: それは体に何の痕跡も残さず彼らの母親をも欺いた。
[18/11/25][22:05:23] [Sage Humbolt the Ghost]: 当然のことながら子どもたちはウェルルを憎んだ。
[18/11/25][22:05:26] [Sage Humbolt the Ghost]: ある時、子どもたちが新しいペットのネズミを迎えたと同時に
[18/11/25][22:05:29] [Sage Humbolt the Ghost]: ウェルルの行方がわからなくなった。
[18/11/25][22:05:33] [Sage Humbolt the Ghost]: 不運なことにこのネズミはあるよく晴れた日に
[18/11/25][22:05:36] [Sage Humbolt the Ghost]: ガラスの蓋つき瓶に閉じ込められたまま外に放置され
[18/11/25][22:05:37] [Sage Humbolt the Ghost]: 夏の光線に焼かれて死んでしまった……!
[18/11/25][22:05:43] [Jasper the Inspector]: ……だがしかし?
[18/11/25][22:05:49] [Sage Humbolt the Ghost]: なんということだ!
[18/11/25][22:05:52] [Sage Humbolt the Ghost]: ねずみに姿を変えられ、瓶に閉じ込められたはずのウェルルは
[18/11/25][22:05:57] [Sage Humbolt the Ghost]: また優れたネクロマンシーの使い手でもあったのだ。
[18/11/25][22:06:02] [Sage Humbolt the Ghost]: まんまと瓶から抜け出したウェルルはとあるねずみを身代わりにした。
[18/11/25][22:06:06] [Sage Humbolt the Ghost]: そのねずみは……そのねずみは……。
[18/11/25][22:06:11] [Sage Humbolt the Ghost]: ……ああ、チーズ! チーズはどこだ?
[18/11/25][22:06:22] [Sage Humbolt the Ghost]: ……ああ、チーズ! チーズはどこだ?
ハンボルトザチーズ

[18/11/25][22:06:35] [Sage Humbolt the Ghost]: ………。
[18/11/25][22:06:37] [Sage Humbolt the Ghost]: *ブツブツ*
[18/11/25][22:06:40] [Jasper the Inspector]: ハンボルト殿! 大丈夫か?
[18/11/25][22:06:44] [Sage Humbolt the Ghost]: *ブツブツ*
[18/11/25][22:06:45] [Sage Humbolt the Ghost]: *ブツブツ*
[18/11/25][22:06:52] [Sage Humbolt the Ghost]: *ブツブツ*
[18/11/25][22:06:53] [Jasper the Inspector]: ううむ、つまり、整理するとラシアリとキルニアが
[18/11/25][22:07:03] [Jasper the Inspector]: 瓶の中で絶命させたと思しきねずみはあの家庭教師ウェルルではなかった!
[18/11/25][22:07:07] [Jasper the Inspector]: それを知るハンボルトは身代わりに死んだねずみが気がかりで成仏できない。
[18/11/25][22:07:12] [Jasper the Inspector]: だがしかし、なぜにそのねずみをここまで気にかけるのだろうか?
[18/11/25][22:07:17] [Jasper the Inspector]: しかも、とうの昔に死んでしまったねずみを助け出すなど
[18/11/25][22:07:21] [Jasper the Inspector]: そんなことが可能なのだろうか?
[18/11/25][22:07:28] [Sage Humbolt the Ghost]: 心臓を二つ食べ終わるまで、私は死ぬわけにいかなかった……!
[18/11/25][22:07:31] [Sage Humbolt the Ghost]: 断じて死ぬわけには行かなかったのだ!
[18/11/25][22:07:34] [Sage Humbolt the Ghost]: だから食道を、胃を、焼き尽くすような強烈な苦みに耐えながらあの解毒剤を飲み、
[18/11/25][22:07:37] [Sage Humbolt the Ghost]: 二個の心臓を食べ終えた。
[18/11/25][22:07:40] [Sage Humbolt the Ghost]: 私はやった……! やったのだ!
[18/11/25][22:07:47] [Jasper the Inspector]: だがしかし、それとねずみと何の関係が?
[18/11/25][22:07:50] [Sage Humbolt the Ghost]: ムーングロウにいるIsaacを訪ねてほしい。
[18/11/25][22:07:55] [Sage Humbolt the Ghost]: 解毒剤の材料を調達してくれたアルケミストだ。
[18/11/25][22:07:57] [Sage Humbolt the Ghost]: きっと必要なことを教えてくれるだろう……。
[18/11/25][22:08:01] [Sage Humbolt the Ghost]: ……チーズ、チーズ!
[18/11/25][22:08:08] [Jasper the Inspector]: 消えた……。
[18/11/25][22:08:18] [Jasper the Inspector]: 事情がいまひとつ飲み込めないな。
[18/11/25][22:08:26] [Jasper the Inspector]: だがしかし、名探偵たるもの証拠は足で稼がねばならない。
[18/11/25][22:08:31] [Jasper the Inspector]: 早速行ってみよう。

■第三幕 強力な解毒剤
賢者Humboltの、チーズに対する執着の原因は、過去にラシアリとキルニアのリッチ兄妹によって殺された無実のねずみの怨霊が原因のようだ。
更なる手がかりを求め、Gumshoeと野次馬たちはムーングロウへと向かった。

[18/11/25][22:10:41] [Jasper the Inspector]: こんにちは。邪魔するよ。
[18/11/25][22:10:47] [Jasper the Inspector]: ハンボルトさんからの依頼でね。アイザックさんはあなたかな?
[18/11/25][22:10:53] [Jasper the Inspector]: こうこうこういう事情であなたに会うように言われて来た。
[18/11/25][22:10:59] [Isaac the alchemist]: ……つまり、お前さんたちはハンボルトの霊から長年の懸念であるねずみの話を聞いた。
[18/11/25][22:11:03] [Isaac the alchemist]: 過去に絶命したねずみを助け出すための手立てを探しているということだな?
[18/11/25][22:11:07] [Jasper the Inspector]: いかにもその通り。
[18/11/25][22:11:12] [Isaac the alchemist]: いつかそんなこともあるだろうと思って取っておいたのだ。
[18/11/25][22:11:23] [Isaac the alchemist]: わずかだが、ハンボルトが使用した解毒剤の残りが入っている。
[18/11/25][22:11:33] [Isaac the alchemist]: ハンボルト自身がリッチの心臓を食らうために作成したこの上なく強力な解毒剤だ。
[18/11/25][22:11:39] [Isaac the alchemist]: ねずみ一匹余裕で生き返るくらいにな!
[18/11/25][22:11:44] [Jasper the Inspector]: ふむ。何が出て来ても驚かんよ。
[18/11/25][22:11:49] [Jasper the Inspector]: そもそもがこの世のものではないものからの依頼だ。
[18/11/25][22:11:55] [Jasper the Inspector]: 引き受けたからには余計な詮索はせずにどのような依頼であれ遂行してこそ一流の探偵だ。
[18/11/25][22:11:59] [Jasper the Inspector]: だがしかし、その解毒剤を投与するためにはいずれにしろ過去に行かねばならん。
[18/11/25][22:12:03] [Jasper the Inspector]: どうしたものか?
[18/11/25][22:12:07] [Isaac the alchemist]: ははははは! お前も察しが悪いな。
[18/11/25][22:12:16] [Isaac the alchemist]: *声をひそめる*
[18/11/25][22:12:20] [Isaac the alchemist]: お前たちは何気なく目にしているが、これはかつてドーン女王やテルマーのザー女王も
[18/11/25][22:12:24] [Isaac the alchemist]: 密かに在り処を探していた幻の秘薬でもあるんだぞ……?
[18/11/25][22:12:33] [Isaac the alchemist]: つまり、生きている人間、毒を盛られていない人間が、
[18/11/25][22:12:38] [Isaac the alchemist]: 小動物の蘇生すら可能な強力な解毒剤を舐めた場合どうなると思う?
[18/11/25][22:12:45] [Isaac the alchemist]: 一気に若返り、下手すれば生まれる前の状態まで遡れる。
[18/11/25][22:12:53] [Isaac the alchemist]: つまり、お前たちが普通の状態なら過去の世界に行ってしまうのさ!
[18/11/25][22:13:01] [Isaac the alchemist]: 本来なら10万倍、いやそれ以上に薄めなければ危険な薬剤なんだぞ。
[18/11/25][22:13:10] [Isaac the alchemist]: まあいい。効能書きはこれくらいにしておこう。
解毒剤

Alchemistだけに

[18/11/25][22:13:14] [Isaac the alchemist]: 無事、ねずみを発見したら、壷を触ったその手でねずみに触れてやるだけでいい。
[18/11/25][22:13:22] [Isaac the alchemist]: 気をつけて行って来いよ!
[18/11/25][22:13:45] [Jasper the Inspector]: みんなで壷に触るんだ!
[18/11/25][22:14:01] [<44559514>Jasper the Inspector]: みんなで壷に触るんだ!

第四幕 タイムトラベル
言われるままに店の床に置いてある大きな壺に触れると、転移したのは過去の世界。ただし、時間がずれていたようだ。
過去

[18/11/25][22:16:36] [<44559514>Jasper the Inspector]: みんな、気をつけろ!
[18/11/25][22:16:43] [<44559514>Jasper the Inspector]: どこかで見たような光景だ。
[18/11/25][22:17:00] [Jasper the Inspector]: これは……ラシアリとキルニアによるリッチの襲撃だ……!
[18/11/25][22:17:00] [Beard Metal]: Kal Vas Xen Corp Ylem
[18/11/25][22:17:00] [<44559514>Jasper the Inspector]: これは……ラシアリとキルニアによるリッチの襲撃だ……!
[18/11/25][22:17:13] [Jasper the Inspector]: ということは目指す過去へはもっと遡らなくてはならなかったと見えるな。,ということは目指す過
[18/11/25][22:19:27] [Jasper the Inspector]: むむっ! あれはハンボルトだ! 生きたハンボルトだ! 間違いない!
[18/11/25][22:19:35] [Jasper the Inspector]: ハンボルト殿!……何をなさっているのです?
[18/11/25][22:20:04] [Jasper the Inspector]: お待ちください! ハンボルト殿!
[18/11/25][22:20:09] [Jasper the Inspector]: リッチの心臓は火山の火で焼き尽くすこともできると聞いておりますぞ。
[18/11/25][22:20:16] [Jasper the Inspector]: 彼らの心臓を納めた聖句箱の在り処がわかっているのならどうか私たちにお任せください!
[18/11/25][22:20:21] [Jasper the Inspector]: 必ずや心臓を火口に投げ入れてご覧に入れます!
[18/11/25][22:20:24] [Sage Humbolt]: お申し出はありがたいが、
[18/11/25][22:20:29] [Sage Humbolt]: 火山への旅の途中でリッチの双子が心臓を取り返す可能性は十分にあるのだ。
[18/11/25][22:20:35] [Sage Humbolt]: そんな悠長なことはしていられない。確実に彼らを滅ぼすには私が心臓を食らうしかない。
[18/11/25][22:20:43] [Jasper the Inspector]: ハンボルト殿! どうかお待ちください!
[18/11/25][22:20:49] [Jasper the Inspector]: あなたはブリタニアにとって大切な方なのです。どうか生きてください!
[18/11/25][22:20:52] [Jasper the Inspector]: 私たちを信頼して、その可能性に少しでも賭けてはいただけませんか?!
[18/11/25][22:20:56] [Sage Humbolt]: そもそもお前たちは何のためにここへ来た?
[18/11/25][22:21:01] [Sage Humbolt]: 大事なことのために時を遡り、ここへ来たのではないか?
[18/11/25][22:21:06] [Sage Humbolt]: 行け! 行くんだ!
[18/11/25][22:21:10] [Sage Humbolt]: 私やアイザックが何の考えもなしにお前たちをここへ呼び寄せたと思うか?
[18/11/25][22:21:15] [Sage Humbolt]: これは周到に用意された計画の一部に過ぎないのだ。
[18/11/25][22:21:18] [Sage Humbolt]: さあ、タイムトラベルゲートの場所を教えよう。I will tell you the location of the Time Travel Gate.
[18/11/25][22:21:24] [Sage Humbolt]: そこにはゲートが2つあるがどちらを選んでも構わない。You will see 2 gates there, take whichever you like.
[18/11/25][22:21:28] [Sage Humbolt]: クリプト Yew Crypt
[18/11/25][22:21:34] [Sage Humbolt]: クリプトだ。
[18/11/25][22:21:37] [Sage Humbolt]: 頼んだぞ!
[18/11/25][22:21:42] [Jasper the Inspector]: ハンボルト殿!
[18/11/25][22:21:45] [Jasper the Inspector]: ハンボルト殿!
[18/11/25][22:21:48] [Jasper the Inspector]: うう、くそっ! 皆頼んだぞ!

第五幕 決戦
更に時間を遡り、当時のYew Cryptにたどり着くと、そこでは今まさにKyrniaが無実のねずみに惨たらしい死をもたらそうとしていた。

[18/11/25][22:25:15] [Lich Kyrnia]: クククククク………。
[18/11/25][22:25:29] [Lich Kyrnia]: ちょっと!
[18/11/25][22:25:38] [Lich Kyrnia]: そのねずみに触るんじゃないわよ!
の。
リッチ

[18/11/25][22:28:53] [Lich Kyrnia]: 呼んでないわよ?
[18/11/25][22:29:06] [Lich Kyrnia]: ははっ! 何しに来たの? お前たち。
[18/11/25][22:29:12] [Lich Kyrnia]: えっ? このねずみを助けに来たって?
[18/11/25][22:29:17] [Lich Kyrnia]: ムリムリムリ。
[18/11/25][22:29:23] [Lich Kyrnia]: なんだってこいつを助けたいの?
[18/11/25][22:29:26] [Lich Kyrnia]: こいつはね、わるーい家庭教師なの。悪魔みたいなやつなの。
[18/11/25][22:29:32] [Lich Kyrnia]: こいつのためにどれだけ痛い目、怖い目に遭ったかわかる……?
[18/11/25][22:29:37] [Lich Kyrnia]: 許さない! 絶対に許さない! 相応の償いはしてもらわなくっちゃ!
[18/11/25][22:29:44] [Lich Kyrnia]: だからこいつを瓶に閉じ込めたの。
[18/11/25][22:29:49] [Lich Kyrnia]: これから日が昇ったら、こいつを焼き殺すんだ。
[18/11/25][22:29:54] [Lich Kyrnia]: そうそう。レンズみたいにね。学校で習ったでしょ?
[18/11/25][22:29:58] [Lich Kyrnia]: クククククク………。
[18/11/25][22:30:05] [Lich Kyrnia]: 何をそんなに怖い顔をしているの?
[18/11/25][22:30:10] [Lich Kyrnia]: わかった。退屈なんでしょ。
[18/11/25][22:30:13] [Lich Kyrnia]: じゃあ、ゲームをしよう。
[18/11/25][22:30:21] Slasherの雄叫びで周りの壁が揺れ、驚きで体がすくんでしまった!
[18/11/25][22:31:12] [Lich Kyrnia]: *Ku Ort*
[18/11/25][22:31:13] [Lich Kyrnia]: *Mur Kal Ort*
[18/11/25][22:31:14] [Lich Kyrnia]: *Ku Ort*
[18/11/25][22:31:14] [Lich Kyrnia]: *Ku Ort*
[18/11/25][22:31:15] [Lich Kyrnia]: *Ku Ort*
[18/11/25][22:31:15] [T-]: Consecrus Arma
[18/11/25][22:31:18] 不協和音に全身を揺さぶられ、身体の反応が鈍くなってしまった。
[18/11/25][22:31:25] [Lich Kyrnia]: *Mur Kal Ort*
[18/11/25][22:31:26] [Lich Kyrnia]: *Ku Ort*
[18/11/25][22:31:27] [Lich Kyrnia]: *Ku Ort*
[18/11/25][22:31:28] [Lich Kyrnia]: *Mur Kal Ort*
[18/11/25][22:31:28] [Lich Kyrnia]: *Ku Ort*
[18/11/25][22:31:29] [Lich Kyrnia]: *Ul Flam*
[18/11/25][22:31:29] [Lich Kyrnia]: *Mur Kal Ort*
[18/11/25][22:31:29] [Lich Kyrnia]: *Ku Ort*
[18/11/25][22:31:30] 経験したことのない恐怖があなたの心を覆った。動くことが出来ない!

(中略)
[18/11/25][22:32:21] [Lich Kyrnia]: 灰になるがいい!
[18/11/25][22:34:48] [Lich Kyrnia]: *Ku Ort*
[18/11/25][22:34:48] Slasherの雄叫びで周りの壁が揺れ、驚きで体がすくんでしまった!
[18/11/25][22:34:50] [Lich Kyrnia]: *Ku Ort*
[18/11/25][22:34:51] [Lich Kyrnia]: *Ku Ort*
[18/11/25][22:34:53] [Lich Kyrnia]: *Mur Kal Ort*
[18/11/25][22:34:53] [Lich Kyrnia]: *Ku Ort*
[18/11/25][22:34:55] [Lich Kyrnia]: *Ku Ort*
[18/11/25][22:34:55] [Lich Kyrnia]: *Ku Ort*
[18/11/25][22:34:56] [Lich Kyrnia]: *Mur Kal Ort*
[18/11/25][22:34:57] [Lich Kyrnia]: *Ku Ort*
[18/11/25][22:36:16] [<39894648>Lich Lathiari]: 今バカって言ったやつ出て来い!
[18/11/25][22:36:27] [<39894648>Lich Lathiari]: 僕はともかく妹のキルニアの悪口はやめろ!
[18/11/25][22:36:57] [<39894648>Lich Lathiari]: お前たち、覚えてろよ!
[18/11/25][22:40:41] [Jasper the Inspector]: ああ、皆無事だったか……。

第六幕 助けられたねずみ
[18/11/25][22:40:46] [Jasper the Inspector]: で、どうだったんだい? ねずみは助けてくれたのかい?
[18/11/25][22:41:00] [Jasper the Inspector]: そうか、消えていたか。誰か瓶に触ったかい?
[18/11/25][22:41:09] [Jasper the Inspector]: そうかそうか。
[18/11/25][22:41:13] [Jasper the Inspector]: 無事に逃げおおせていればいいんだが。
[18/11/25][22:41:20] [Gregory the Gardener]: お坊ちゃま……。お嬢ちゃま……。
[18/11/25][22:41:25] [Jasper the Inspector]: ……あなたは、どなたです?
[18/11/25][22:41:28] [Gregory the Gardener]: 私はここの庭師でグレゴリーと言いますよ。あなたこそどなたです?
[18/11/25][22:41:31] [Gregory the Gardener]: ここはマジンシアの貿易商のユーリン様と学者でいらっしゃるアリナエ様の別荘です。
[18/11/25][22:41:35] [Gregory the Gardener]: 先ほどからお坊ちゃまとお嬢ちゃまのお姿が見えないのです。
庭師

[18/11/25][22:41:44] [Jasper the Inspector]: ……心配ないよ。
[18/11/25][22:41:47] [Jasper the Inspector]: さっき茂みから子どもの声がしたから、間もなく帰って来るだろう。
[18/11/25][22:41:52] [Gregory the Gardener]: さようでございますか。
[18/11/25][22:41:56] [Gregory the Gardener]: あの子たちはね、それはかわいそうな双子なのでございますよ。
[18/11/25][22:42:00] [Gregory the Gardener]: アリナエ様はいささか熱心すぎましてね、
[18/11/25][22:42:04] [Gregory the Gardener]: マジンシアのメイジギルドから家庭教師を呼び寄せましてね、これがまたひどい男で……。
[18/11/25][22:42:08] [Gregory the Gardener]: *涙ぐむ*
[18/11/25][22:42:13] [Gregory the Gardener]: 遊びたいさかりでしょうに一日20時間も机に向かわせるのです。
[18/11/25][22:42:18] [Gregory the Gardener]: たまにお部屋から小さな悲鳴が聞こえるのですよ。
[18/11/25][22:42:23] [Gregory the Gardener]: もう、居ても立ってもいられなくて、アリナエ様にお伝えしたんですけどね。
[18/11/25][22:42:27] [Gregory the Gardener]: アリナエ様は双子の体をお調べになって、何もないわよ!って激高なさるんです。
[18/11/25][22:42:33] [Gregory the Gardener]: その時家庭教師が私を睨み付けた顔の恐ろしかったこと……!
[18/11/25][22:42:39] [Gregory the Gardener]: あんな冷たいぞっとするような目は見たことがございません。
[18/11/25][22:42:43] [Jasper the Inspector]: ……あなたのその、手の黒い点は何だね?
[18/11/25][22:42:46] [Jasper the Inspector]: 火傷のような、その、焦点を合わせたレンズに焼かれたように私には見えるのだが。
[18/11/25][22:42:51] [Gregory the Gardener]: ?! おやまあ! 何でございましょうね。
[18/11/25][22:42:54] [Gregory the Gardener]: 言われて見るとちょっと痛いような気も致しますね。
[18/11/25][22:42:58] [Gregory the Gardener]: オーブンの角にでもぶつけたのかしらん??
[18/11/25][22:43:00] [Jasper the Inspector]: 元気で、グレゴリー。
[18/11/25][22:43:04] [Jasper the Inspector]: 会えて良かった。
[18/11/25][22:43:08] [Jasper the Inspector]: ……どうかあの双子にありったけの愛情を注いでやってくれ。
[18/11/25][22:43:14] [Jasper the Inspector]: それが私の友人、ハンボルトのたっての願いだ。それを伝えに来た。
[18/11/25][22:43:21] [Gregory the Gardener]: ハンボルトさん? あなた様のご友人ですって?
[18/11/25][22:43:25] [Gregory the Gardener]: はて、そのようなお名前に聞き覚えはありませんが、
[18/11/25][22:43:28] [Gregory the Gardener]: もちろん言われなくてもそうするつもりですよ! 決まってるじゃありませんか!
[18/11/25][22:43:34] [Jasper the Inspector]: *頷く*
[18/11/25][22:43:42] [Jasper the Inspector]: ……おや。だんだん皆の体が薄くなって行くようだ。
[18/11/25][22:43:48] [Jasper the Inspector]: おそらく、私たちが現在に送り返されるのも時間の問題だろう。
[18/11/25][22:43:52] [Jasper the Inspector]: 無事戻ったらハンボルトに報告に行かねばなるまいな。
[18/11/25][22:43:55] [Jasper the Inspector]: では諸君! またいつか、会おう

ラシアリとキルニアのリッチ兄妹は、陰湿な家庭教師ウェルルに復讐しようと、彼の姿をねずみに買え、瓶に入れて夏の日光で焼き殺そうと計画した。
しかし、ネクロマンサーであったウェルルは、兄妹の計画に気付き、自分の身代わりのねずみを用意して、まんまと逃げおおせてしまった。
兄妹はそれと気づかずに無実のねずみを殺して溜飲を下げたが、話はそれで終わりではなかった。
成長した兄妹は、その邪悪さも増大させ、ついにはカルトの手先のリッチとなってブリタニアに災いをもたらした。
賢者ハンボルトは、兄妹を滅ぼすため、その心臓を喰らって自らも命を落とすが、成仏することができず、幽霊としてPapuaを彷徨うことに。
ハンボルト曰く、成仏できない理由は複数あるようだが、一つは間違いなく、兄妹に憑依していた無実のねずみの怨霊だろう。
兄妹は滅ぼしたものの、行き場を失ったねずみの怨霊は、行き場を失ってハンボルトに憑依した。
チーズに対する欲望は、食欲の類というよりはまるで渇きのようだった。
未来からやってきたGumshoeたちによって倒された兄妹は、当時はまだ子供で生者でもあった。
そして、この後カルトFoAの手先になるのだが、その時はアンデッドの一種であるリッチとなっている。
ハンボルトは、不死者ゆえにこの兄妹を倒すのに苦労したわけだが、結果的に兄妹のアンデッド化に関わったGumshoeたちって?

テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

女にゃめっぽう弱い

メンテが明けたら直ると思っていたのに・・・

呪われた

テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

一つ考えたんだが・・・

「一つ考えたんだが・・・」
一つ考えたんだが・・・

ハロウィンの仮装でミノックの子供たちを愉しませようと、あれこれ衣装を試されていたご主人様は、突然何か思いつかれたようです。
「ハロウィン衣装は、幾つも持っていても着られるのは結局一着だけ。これをマネキンに着せられれば、お化け屋敷とかも出来るのにな・・・」

これは妙案です。
ご主人様のような使い方でなくても、インパクトのあるコンプリ自慢などに使えるでしょうか。

テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

ヤバイの見つけちゃうかも・・・

ヤバイの見つけちゃうかも

-解説-
ニスタル(Nystul)と言えば、ブリタニア最高の魔術師。
彼の小型の望遠鏡は、天体ではなく宝珠を観測し、星ではなくシャード(破片世界)を発見した。
参考: SIEGE PERILOUS(アーカイブ)

テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

ハロウィン始めました

ハロウィン始めました

テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

多分こういう事でしょう

Selciusという名前に聞き覚えはないでしょうか。
昨今の天文ブームの遥か以前から、Moonglow天文台で勤務している天文学者(astronomer)です。
星座元帳に、新たな星座を登録に訪れるアマチュア天文家であれば、その都度彼を見かけていることでしょう。
そして、このように思うのではないでしょうか。
「アンタ、今まで何をやってたんだい?」
多分こういうことでしょう

彼は何も語りませんが、多分こういう事でしょう。
一般的に認識される星座というのは、肉眼で見るものであって、レンズで言えば広角で捉えるもの。
一方、望遠鏡で見える画角は肉眼に比べて極端に狭くなる一方、肉眼では見えない暗い星まで観測することができます。
もう一人の天文学者Willebrordは、言わば「ミクロの星座」という新たなジャンルを設けることによって新星座発見のチャンスを作ってアマチュアに興味を持たせ、天文学の敷居を下げたわけです。
こうした状況について、Selciusがどのように感じているのかは分かりませんが、彼が大望遠鏡を駆使して行う研究と、アマチュア天文家の行う天体観測は全く次元の異なるレベルなのです。

テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

探偵はBARにいる

探偵はバーにいる

テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

新PUB満喫

新PUB満喫
こういうコトですよね?

テーマ : Ultima Online
ジャンル : オンラインゲーム

プロフィール

Roland Rampant

Author:Roland Rampant
Ultima Online のVoid Pool での波数記録等を記事にしています。
単独或いは少人数チームでの目標設定にご活用下さい。
どなたでも、コメントに記録を記入して頂けたら、事後記事として掲載します。

最新記事
カテゴリ
参加人数別
最新コメント
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
オンラインカウンター
現在の閲覧者数: